ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT嫌いの社長こそ、エンジニアに任せるな!
【第8回】 2016年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
白川 克

ITをシステムインテグレーター会社に
丸投げするな!

1
nextpage

ITを丸投げするシステムインテグレーターは、日本特有?

 わたしが著書に『会社のITはエンジニアに任せるな!』というタイトルをつけたのは、
「経営幹部や業務担当者はITを丸投げせずに、自分ごとにせよ!」
と主張したかったからです。

 これには「社内のIT部門に任せっきりにするな」という主張と、もうひとつ
「社外のSI会社に丸投げするな」という主張も込めています。

 SI会社(システムインテグレーター)はその名のとおり、「システム構築をまるっと請け負いますよ」という業態です。
 個別の機能を提供するとか、エンジニアを派遣するのではなく、それらの要素を組み合わせること(インテグレーション)が売り物です。

 日本では、IT構築のかなりの部分をこのSI会社が担っていますが、実は日本に特有の状況だと言われています。

【日本】
 ITサービス企業(≒SI会社)の従業員数:77万人
 一般企業内のITエンジニア系従業員数:25万人

【米国】
 ITサービス企業(≒SI会社)の従業員数:94万人
 一般企業内のITエンジニア系従業員数:236万人

 ※出典:IPA IT人材白書2010、米国労働省 労働統計局

「ITサービス企業の従業員数」はシステム構築を外部委託しているボリュームを示しています。
 一方の「一般企業内のITエンジニア系従業員数」は、内製のボリュームです。

 日本とアメリカとで、外部委託/内製の比率が逆転していることがわかると思います。
 つまり、日本企業ではシステム構築のかなりの部分を外部のSI会社に任せているのに比べ、アメリカでは企業内に抱えたエンジニアが内製することが多いのです。

 もちろん、何でも「日本はダメ、アメリカを真似ろ」という話ではありませんが、「日本企業では、なぜこんなにITをアウトソースしているのだろうか? これが適性なのだろうか?」と考えてみてもいいと思います。

 わたしの意見を単刀直入に言うと、「これ以上、SI企業にITを丸投げするのはやめよう!」です。
 SI企業に仕事をお願いすることがすべて悪とは言いませんが、現状では多くの会社が、SI企業に依存しすぎています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
統計学が最強の学問である[ビジネス編]

統計学が最強の学問である[ビジネス編]

西内 啓 著

定価(税込):本体1,800円+税   発行年月:2016年9月

<内容紹介>
累計43万部突破の超人気シリーズに、ついに文系でもわかる「実用書」が登場! 「ビジネス×統計学」の最前線で第一人者として活躍する著者が、。日本人が知らない「リサーチデザイン」の基本を伝えたうえで、経営戦略・人事・マーケティング・オペレーションで統計学を使う知恵と方法を詳細に解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、9/18~9/24)


注目のトピックスPR


白川 克(しらかわ・まさる)

"大学では経営学を勉強してました。つまり文系です。でも新卒で入った会社でプログラマーの訓練を受け、企業が使うシステムをゴリゴリ作ってました。
その2つの経歴が影響したのか、最終的に「経営や業務観点でITをうまく使う支援をする人」つまりIT寄りのコンサルタントになりました。
得意なことは、プロジェクトを成功させること。ファシリテーターとしてよき意思決定に皆を導くこと。コツや方法論を言語化すること。
直球しか投げられないので、お客さんにとって耳が痛い正論をぶつけたりして、たまに自分でも痛い目にあったりしてます。 重度の自転車ロングライドマニアで、ブルベというイベントで90時間で1200km走ったりしてます。
著書 『反常識の業務改革ドキュメント プロジェクトファシリテーション<増補新装版>』 『業務改革の教科書―成功率9割のプロが教える全ノウハウ』 ブログ プロジェクトマジック http://blogs.itmedia.co.jp/magic/


IT嫌いの社長こそ、エンジニアに任せるな!

ITのエンジニアじゃない普通の人も、ITなしでは仕事にならない世の中に。だけど、よくわからないし、エンジニアの話は理解できないし、できれば関わりたくない。そんなIT嫌いの社長をはじめ、ビジネスパーソン向けのITの中身を勉強せずに、ITの本質が理解できて、ITを会社に活かす方法がわかるようになります。

「IT嫌いの社長こそ、エンジニアに任せるな!」

⇒バックナンバー一覧