ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ホリエモン的常識

クックパッドで “大殿 ご乱心”か
上場企業は創業者個人の持ち物ではないぞ
【ホリエモン的常識】

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]
【第67回】 2016年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
Q.料理のレシピサイトのクックパッドのお家騒動が明るみになりました。多角化戦略で株価を7倍近くに引き上げた穐田誉輝現社長に対して、創業者の佐野陽光取締役が自らを社長にと名乗りを上げましたす。オーナーが外部経営者を招く経営は、日本企業には馴染まないのでしょうか。

投資家も注目する上場企業である以上
すべてが創業者の思い通りになるわけではない

A.日本企業特有の問題というより、クックパッド創業者の個性の問題でしょう。

 業績を拡大させ、株価も上昇させている上場企業のトップを、創業者が半ば自らのエゴで解任しようとするといった事態は聞いたことがありません。

 実際そのようなことになれば、株価下落の引き金となり、少数株主つまり一般の投資家は損失を被るわけです。主張に合理的理由がないと判断された場合、損害賠償の対象にすらなってしまう可能性があります。

 創業者としては、料理から離れた事業の拡大で利益を得るのは良くない、基幹事業である会員事業や、今は赤字でも将来有望な海外事業の拡大を積極的に展開すべきという考えなのでしょう。

 確かに、料理関連にとらわれない事業の拡大は、企業経営を考える上に当然に採りうる選択肢ですし、リスクの大きい海外展開に慎重になることも当然です。

 しかし、これらが創業者の経営思想と異なるからといって、自ら招いた社長と十分な話し合いもせず、突然解任をしようとするのはかなり乱暴にすぎ、上場企業にあるまじき行為だと思います。上場企業は創業者個人の持ち物ではありません。

 それでも解任したいというのであれば、自ら少数株主が所有する株式をすべて買い取り、全株式を取得したうえで非上場化すべきでしょう。

Q.1962年、米ソ冷戦下のキューバ危機では、核戦争が回避できたのは、旧ソ連の諜報員からの情報提供が決め手になったという説があります。その後、機密情報をめぐる国家間の争いは、今日のネット社会でどう変化したとお考えですか。

高度な情報の収集・解析力は
国家も企業も最大の武器なのでしょう

A.私は普通の一民間人なので、スパイと呼ばれるような人物と直接・間接に出会ったことはありません。

 しかし、イスラエルを訪問した際、現地でベンチャーキャピタルやベンチャー企業の関係者とお会いした際、兵役時代に軍の情報機関に勤務されていた方にお会いする機会がありました。

 イスラエルに技術力に優れた企業が多く存在する理由の一つとして、イスラエルでは兵役が義務であり、その際何らかの情報関係の仕事に携わったとします。

 その後、退役したあとにテクノロジー関係の企業に就職して、兵役時代の情報関連の知識と経験を、就職先の民間企業でも活かすことができる。これがイスラエル企業の高いテクノロジーの一つの源泉になっている。

 また、ネット上を流通するさまざまな情報を基にして、諜報機関がターゲットとする人物を決定していたといったといった話を耳にすると、かなり生々しい思いがします。

 ちなみに暗号化されていない情報はビッグデータとして収集・自動分析されていますし、暗号化されている情報であっても、末端の機器が置かれている部屋のハックやヒューマンエンジニアリングで収集されているという話も聞きます。

 「情報戦を制するものが戦争を制する」――これは今も昔も変わらないようです。

毎週月曜日に配信!

あのホリエモンのメルマガがダイヤモンド社から配信開始

  • 毎週月曜日は、通常号「堀江貴文 ブログでは言えない話」
  • 毎週火曜日は、DPMだけの特別配信「ホリエモン的常識」
    (週刊ダイヤモンド連載生原稿)

メルマガ申し込みへ

●橘玲、闇株新聞などダイヤモンド社の著者がメルマガを配信!DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

堀江貴文 [実業家、SNS株式会社ファウンダー]

1972年福岡県八女市生まれ。血液型A型。実業家。元・株式会社ライブドア代表取締役CEO。民間でのロケット開発を行うSNS株式会社ファウンダー。東京大学在学中の1996年、23歳のときに有限会社オン・ザ・エッヂ(後のライブドア)を起業。2000年、東証マザーズ上場。2004年から05年にかけて、近鉄バファローズやニッポン放送の買収、衆議院総選挙への立候補などといった世間を賑わせる行動で一気に時代の寵児となる。しかし2006年1月、証券取引法違反で東京地検特捜部に逮捕され懲役2年6ヵ月の実刑判決を下される。2013年11月に刑期を終了し、ふたたび自由の身となって「ゼロ」からの新たなスタートを切った。自身のブログ「六本木で働いていた元社長のアメブロ」で独自の見解を展開中。著書に『徹底抗戦』『人生論』『希望論』など。TV、ラジオ、インターネット番組と幅広く活躍中。


ホリエモン的常識

日本で一番有名な企業家、ホリエモンが世間の常識に囚われずに、本音の回答を行なうQ&A連載がスタート。

毎回、起業、IT、テクノロジー、経済、時事問題などあらゆるジャンルの質問に答えていきます。質問は以下から q-horie@diamond.co.jp  週刊ダイヤモンドでの連載と連動し、DPM(ダイヤモンド・プレミアム・メールマガジン)では、フルバージョンでの配信も行ないます。

「ホリエモン的常識」

⇒バックナンバー一覧