ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

福士加代子に五輪内定を出せない日本陸連の事情

相沢光一 [スポーツライター]
【第383回】 2016年2月9日
1
nextpage

 「リオ、決定だべ~!」

 1月31日に行われた大阪国際女子マラソンを日本陸連が決めた五輪派遣設定記録を上まわる2時間22分17秒で制した福士加代子が、お立ち台で喜びを爆発させ叫んだのが、この言葉だ。

 単に設定記録をクリアしただけでなく、日本歴代7位となる文句なしの好タイム。レースを見ていたファンも「福士はリオ五輪確定」と思ったに違いない。

 ところが、陸連は福士の代表内定を出さず、最後の選考レース、名古屋ウイメンズマラソン(3月13日)で、これを上まわるタイムで走る日本選手が出た場合、落選もあり得るとした。「リオ・決定だべ~!」の喜びを吹き飛ばされてしまったのだ。

 これを受けて福士陣営は仰天プランを発表する。リオ出場を確定させるため、名古屋の出場を示唆したのだ。

 最強の市民ランナーといわれる男子の川内優輝のように毎週のようにレースを走る選手もいるが、消耗の激しいマラソン、しかも重要な意味を持つ代表選考レースをわずか1ヵ月半の間隔で走るのは、どう考えても無茶だ。

 福士は33歳のベテランだが、ここへきて自己最高を出したように選手として脂が乗ってきている。2013年のモスクワ世界陸上のマラソンで銅メダルを獲得した実績もある。そんな実力派で期待値の高い選手が、名古屋も走らざるを得ない状況に追い込まれているわけだ。憤慨するマラソンファンも多く、ネットでは選考方法への疑問や福士の気持ちを案じる声が飛び交っている。

「適性のある競技者を専門的観点から判断」
曖昧で矛盾もはらむ日本陸連の選考基準

 このような事態が生じたのは、やはり五輪派遣選手の選考基準に曖昧部分が多いからだ。

 陸連がリオ五輪の代表選考の方針を発表したのは2013年6月。その考え方は次のようなものだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
ビジネスプロフェッショナルの方必見!年収2,000万円以上の求人特集
ビジネスプロフェッショナルの方必見!
年収2,000万円以上の求人特集

管理職、経営、スペシャリストなどのキーポジションを国内外の優良・成長企業が求めています。まずはあなたの業界の求人を覗いてみませんか?[PR]

経営課題解決まとめ企業経営・組織マネジメントに役立つ記事をテーマごとにセレクトしました

クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧