ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
from dot.

“伊達マスク”着用理由1位は「顔が隠せる」ではない!意外な1位とは?

dot.
2016年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
女性の3人に1人が伊達マスク経験者。なぜこんなにも大勢の女性が伊達マスクを愛用するのか

 じわじわと増え続けている“伊達マスク”愛好者。そもそも伊達マスクとは、本来の衛生上の理由とは異なる目的で常にマスクを着用することを指す。いわゆる伊達メガネと同じカテゴリーとしての伊達マスクだが、伊達メガネ人気も変わらず続いていることから、最近では伊達マスク&メガネの“伊達伊達コンビ”も珍しくはないようだ。

 商品データベースを提供する株式会社プラネットが行った「マスクと伊達マスク」についてのアンケートによると、伊達マスク経験者は20.7%。男女別にみると女性の伊達マスク経験者は33.9%と、実に3人に1人が伊達マスクを経験していたことが明らかになった。さらに年代別にみたところ、「伊達マスクをしている人」は20代女性が44.9%と最も多く、「伊達マスク経験者」は53.1%と半数以上にのぼった。

 なぜこんなにも大勢の女性が伊達マスクを愛用するのか。理由を聞いたところ、最も多かったのは意外にも「マスクをしているとあたたかいから」(51.8%)という、実に合理的な理由だったのだ。ただ、「スッピンでも気にしなくていいから」(51.7%)も僅差で2位で、3位の「顔が隠れることにより、安心感があるから」(30.2%)と合わせると、大多数が「顔を隠せる」ことを理由に挙げていることがわかった。

 これだけありがたがられているマスクではあるが、もちろん難点もある。「マスクで困ったこと」を聞いたところ、圧倒的に多かったのが「メガネが曇る」という回答。“メガネが曇らないとうたわれているマスクでも曇る”という笑えない苦情も複数みられた。他にも、「化粧が落ちてしまう」「耳が痛くなる」「息苦しい」といった、マスク愛用者なら同意できそうなマスクあるあるが続いた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


from dot.

『週刊朝日』や『AERA』を発行する朝日新聞出版のwebサイト「dot.」とのコラボレーション連載。

「from dot.」

⇒バックナンバー一覧