ベスト8の出揃ったワールドカップは、まさしくこれから佳境に入る。世界最高レベルの選手たちが、世界最高の舞台で、最大の実力を出しきる真剣勝負の時がやっと始まるのだ。

 サッカーというスポーツを本当に愛し、日本チームのことを思う者であるならば、敗退した日本代表と、ベスト8に残った上位国の代表のプレーにどのような違いがあるのかを知りたいはずであろう。まさしくそれを知ることが今回の日本の敗因を分析する最大のチャンスにもなるのだ。

 少なくとも相手国であったパラグアイの個々の選手が、なぜ足元、身体の近いところで長くボールをキープすることができるのか程度は、研究してほしいものだ。

 すべてのサッカー評論家やサッカージャーナリストには、これからのワールドカップの最大の見どころである準々決勝以上の試合について、ぜひとも真の「感動」を私たちに伝えてくれることを期待する。

日本が負けた途端に
W杯観戦も終わってしまう

 にもかかわらず、残念ながら、日本のメディアでは、すでに今回の南ア大会は終わったかのような扱いになっている。

 いつものことではあるがが、大会から日本チームや日本人選手が消えれば、それで取材も事実上、終わってしまうのである。

 それは、ファンにもいえる。真のサッカーファンであるならば、今後、見られるであろうスーパープレーの数々に、期待で胸をときめかせるのが普通である。

 日本代表が敗れたからといってサッカー観戦をやめるのは、それは「サッカーファン」ではなく、単に「日本人ファン」に過ぎない。

 そして、そうしたファンに同調してしまうサッカー関係者の多いのが実際であり、それが日本のスポーツジャーナリズムの大方の現状であるのだ。

「明日の日本のサッカーが、今日のサッカーよりも良いサッカーになることを期待している」

 オシム氏は自身へのインタビューをこう語って締めた。

 オシム氏が特別に厳しいわけなのではない。世界のサッカー界では、この程度の敗戦後の批評・分析は当然に行なわれている。日本だけにそれがないのである。

 残念ながら、サッカー評論家たち自らが、敗戦後に「感動したり」、「勇気をもらったり」しているようでは、何年経とうが、私たちが日本代表の「ベスト4」をみることはできないであろう。

※本文1ページ目で「オシム氏は試合後、NHKの番組の中で」となっておりましたが、この番組は実際はNHKではなくスカパー!でした。ご指摘を受け、本文を訂正いたしました。