ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

日中交流はハードからソフト、大から小へ変化した

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第272回】 2016年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先日、久しぶりに岡山市で講演をした。やや珍しかったのは今度の主催者が設立35周年となる岡山市日中友好協会だったことだ。テーマは私の提案を受け入れ、「中国・14億人市場へのアプローチ」というものにした。インバウンドと地方経済の活性化を中心に、日中交流の新しい時代に即した交流のスタイルと内容についていろいろと語られた。

 年間、相当数の講演会をこなしているが、日中友好協会と名乗る団体から声をかけられるのが意外と少ない。だから「珍しかった」という表現を使ったのだ。

日中の交流は
時代の変遷で大きく変化した

 私に言わせると、日中間は外交や領土などの分野で対立している問題を抱えているだけではなく、交流の内容なども時代の変遷とともに著しく変化している。大きく言えば、次のようないくつかの変化が起こっているのではないか、と私は見る。

1)ハードからソフトへ
 1978年、改革・開放時代を迎えてから、中国と日本との経済交流は主に「重厚長大」系の分野に集中してきた。具体的に言うと、鉄鋼業、化学工業、造船、家電、自動車、新幹線などがメインだった。前期には、宝山製鉄所が、後期には、中国版新幹線の高速鉄道がその代表的な存在だ。

爆買いで人気なのは炊飯器などの小物家電

 しかし、いまは「軽薄短小」系に移行している傾向が濃厚に見えてきている。“爆買い”とやや揶揄されている中国人観光客の買い物の対象を見ると、化粧品、炊飯器を中心とした家電の小物製品、健康食品、薬品、衣料品、粉ミルク、オムツなどが主流をなしている。

 企業の行動を見ると、技術、環境保護、特許、ノウハウなどへの関心が著しく高まっている。

次のページ>> 有形から無形へと変化
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧