ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンド ITBizNews

ユーストリームはなぜ既存放送局と対立せず成長できたのか~ユーストリーム創業者2人に聞くメディア進化論

ジョン・ハムCEO ブラッド・ハンスタブル社長 特別インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
【第58回】 2010年7月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本で爆発的に普及するツイッターとほぼ同じ勢いで伸びているのが、インターネットでライブ映像を配信するユーストリーム。ウェブ対応のカメラとモバイル機器があれば、誰でも映像を全世界に発信できる。すでに日本のテレビ局とも接触を始めた同社の創業者2人に話を聞く。
(「週刊ダイヤモンド」編集部 池冨 仁)

ユーストリーム共同創業者兼CEOのジョン・ハム氏(写真左)と同社共同創業者兼社長のブラッド・ハンスタブル氏(写真右)。Ustreamは、 2006年に米国陸軍士官学校在籍時に意気投合した両氏とジュラ・フェヘル博士の3人で創業。PCやスマートフォンを使って、撮影した動画をインターネットで“生放送”できるサービスを無料で提供(一部有料)。今年4月には、月間利用者数が全世界で1億人を超えた。Photo by Toshiaki Usami

─日本では、既存のテレビ放送が凋落する一方で、米ユーチューブ(動画共有サイト)や、ニコニコ動画(動画コミュニティサイト)などが多くの視聴者を獲得している。そんななか、米ユーストリームは、誰もが生放送できる技術を提供する新興勢力となるが、なぜ既存のテレビ放送局とは対立することなく、ここまで急成長してこられたのか?

ジョン:最初のうちは、確かに大変だった。なかなか、真剣に話を聞いてもらえなかった。というのも、過去にはインターネットカンパニーの多くが“破壊的アプローチ”によって、すでに存在するエコシステムを壊してきた歴史があるからだ。

ブラッド:だからこそ、ユーストリームは「win-winで共存共栄できる。長期的には大きなチャンスになる」ということを訴えてきた。インターネットは、既存のメディア産業にとって、有効な“ツールとしての価値”をもたらす技術であることを力説してきた。

─ツールとしての価値とは、どのようなものか?

ジョン:その前に、われわれが最も重視しているDNAについて、知ってほしい。ユーストリームは「謙虚さ」(humility)というものを大切にしている。

 これは、既存のメディアが築き上げてきたものを尊重し、それらを生かす手助けをするという考え方だ。彼らはコンテンツの配信先を求めている一方で、われわれは良質なコンテンツを求めている。だから、共存共栄の補完関係を築いていくことができる。

ブラッド:たとえば、米ABCは、2009年の「アメリカン・ミュージック・アワード」の放送をテレビで開始する夜8時まで、アーティストが会場入りする様子を4時間続けてユーストリームで配信した。このインターネット中継は、全米の210万人に視聴されて、直後のテレビ放送では視聴者が対前年同期比で200万人増えた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンド ITBizNews

業界分析で定評ある『週刊ダイヤモンド』編集部がニュース記事の中から特に注目されているIT関連分野の最新ニュース・トピックスを中心にお届けしていきます。

「週刊ダイヤモンド ITBizNews」

⇒バックナンバー一覧