ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
J.D. パワー  Ranking&Analysis

好きな自動車ブランドランキング、
マツダ・スバルが選ばれる理由は?

浦山浩一[オートモーティブ部門ディレクター],永野紀彰[オートモーティブ部門シニアマネージャー]
【第15回】 2016年2月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 J.D. パワーは「2015年日本自動車購入意向者調査(New Vehicle Intender Study,略称NVIS)」を発表しました。1年以内に新車の購入を考えている人を対象とした本調査では、主に国産ブランドを検討している人は「燃費」、輸入ブランドを検討している人は「外観のデザイン」と、お気に入りのポイントが違っていることがわかりました。

新車購入を検討中の人たちに質問、
あなたが好きなブランドは?

 車選びの条件は人それぞれ違います。

 燃費や価格で比べる人もいますし、「自分は国産ブランド派」「私は輸入車が好き」など、ブランドで絞り込む人もいます。

 では、これから車を買う予定の人たちは、どんな点を重視し、どんな車を検討しているのでしょうか。

 その点を調査したのが、当社の「日本自動車購入意向者調査(NVIS)」です。

好きな自動車ブランドランキングでトヨタが1位に。写真は新型プリウス Photo:TOYOTA

 調査の項目は、新車購入のきっかけ、車に対する考え方、検討している車のブランド、モデル、セグメント(車の大きさ・タイプ)など。また、車選びで重視するポイントや過去に保有経験がある人には同一メーカーのリピート購入意向などについても幅広く調査しているのが特徴です。

 その中で、好きなブランドについてはトヨタが50%でトップとなり、輸入車ではBMWがトップで全体の3位。国産車5ブランド、輸入車5ブランドがトップ10に入りました(複数回答、図表参照)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


J.D. パワー Ranking&Analysis

20年以上に渡り、日本企業の顧客満足度の実態と変遷を見てきたJ.D.パワー。本国アメリカでは自動車業界をはじめとして顧客満足度調査が全米の注目を集め、その信頼度は群を抜いている。そんなJ.Dパワーの最新顧客満足度ランキングを同社アナリストの分析とともに紹介。日本の消費者が本当に知りたい商品、サービスの真実をお伝えする。

「J.D. パワー Ranking&Analysis」

⇒バックナンバー一覧