ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座
【第5回】 2010年7月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
前田典子 [人材育成コンサルタント]

「相手を楽しませよう」と思ったら口ベタは一生治らない!?

1
nextpage

まずは「自分が楽しむ」ことから
はじめましょう

 コミュニケーションを楽しむためのコツは、相手を楽しませようとは思わないことです。

 こんなことをいうと、ちょっと驚く読者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、これは本当のことです。特に、自分は口ベタだと思っている人の場合、人と楽しいコミュニケーションを取ろうと思ったら、相手を楽しませようと考えないほうがうまくいくのです。

 人と話していて、ちょっと会話につまってしまったり、お互いに沈黙してしまったりしたとき、ついつい、「私と話していて楽しんでもらえてるんだろうか」と考えてしまうことがあります。

 でも、いったんそう考えてしまうと、もう会話を楽しむどころではなくなってしまいます。必要以上に相手の反応が気になってしまって、ちょっとしたことで「あぁ、やっぱり私の話はつまらないんだ……」と思いこんでしまうのです(これは私自身の経験でもあります。私はこうした失敗を何度もして、そのたびに自己嫌悪に陥っていました)。

 そうした不安や猜疑心は、すぐに相手に伝わってしまいます。こちらの感情は、それがネガティブなものであればあるほど、自分で思っている以上に、相手に敏感に察知されてしまうものなのです。

 そうなってしまったら大変です。こちらの不安は相手に伝染してしまいます。本当は楽しんでくれていたはずの相手でも、「あれ、何かおかしいな……」「私といるのが面白くないのかな……」と思うでしょう。その結果、楽しいはずの会話が、なんだか後味の悪いもので終わってしまうことにもなりかねません。

 私自身、「何とか相手を楽しませなければ……」と考えて、いろいろ工夫してみたことがありますが、でも、いま考えると、その当時の私はずいぶんと高望みをしていたんだな、と思うのです。

 というのは、口ベタで人とうまく話せなかった私が、相手を楽しませようなどと考えるのは、あまりに無謀だったのではないかと思うからです。

 ですから、私がいま心がけていることは、とにかく自分が楽しむことです。相手が楽しんでくれているかどうか、本当のところはその当人にしかわかりません。ですから私は、そんなことを気にするよりも、まずは自分自身が心から相手との会話を楽しむことをいちばんに考えています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


前田典子 [人材育成コンサルタント]

神奈川県生まれ。上智短期大学英語科卒。都市銀行、外資系銀行、人事コンサルティング会社勤務の後独立。企業向け能力開発、個人向けコーチングを行う。コミュニケーション、モチベーションが主な活動領域。著書に「強い営業店をつくる今日からやろうコーチング!」「女性力で強くなる」(近代セールス社刊)等。Keiビジネス


口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座

「口ベタを克服したい!」と悩んでいるビジネスパーソンは多いはず。しかし、口ベタは克服する必要はありません。なぜなら口ベタでもコミュニケーション力はつくからです。この連載では、そんな口ベタなあなたに合った画期的なコミュニケーション術をお教えします。

「口ベタでも上手くいく!コミュニケーション力養成講座」

⇒バックナンバー一覧