ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ユニーク企業の仰天戦略

福岡の三流会社が業界トップになれた理由

キャニコム・包行均会長に聞く(1)

曲沼美恵 [ライター]
【第1回】 2016年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ユニークな企業には、ユニークな経営者がいるものである。福岡県うきは市に本社を置く「キャニコム」の二代目、包行均(かねゆき・ひとし)会長もその1人。

「草刈機まさお」をはじめ、「北国の春…お」や「みなみの春…お」、「男前刈清(おとこまえがりきよし)」などユーモアたっぷりの商品名で話題をふりまき、農業用運搬車の分野で業界トップに躍り出たかと思えば、「ブッシュカッタージョージ」や「ヒラリー」などの度胸あるネーミングで世界にも打って出る。

「斜陽」と言われて久しい業界で、「なんでも三流」だったメーカーを「超一流のグローバル中小企業」を目指せる会社へと変えた仰天の戦略と人生を、3回シリーズでご紹介する。

キャニコム包行均会長 Photo by Toshiaki Usami

800坪の敷地に12色の家

 キャニコムの包行均会長をインタビューしたのは、年が明けて間もない1月のことだった。業界関係者が集う賀詞交換会に出席するために上京していた会長は、赤いストライプのスーツに柄物の赤いネクタイを締めてカメラの前に登場した。胸にはネクタイと揃いのネッカチーフ。赤縁の眼鏡が目を引く。

この日は柄物の赤いネクタイで登場。「キャッチ」を大事にする会長ならでは Photo by T.U.

――ご著書『ものづくりは、演歌だ。』を読ませていただき、中小企業が大企業を目指すのではなく、「超一流のグローバル中小企業」を目指すという点が、とてもユニークだと感じました。

 「キャッチは大事やろ」

――キャッチ?

 「九州の田舎もんが目立つには、なにするかっていうことですよ。(ネクタイを持って)これ、これ、これなんです。こういう派手な格好で目立たんと。みなさんね、パッと見た印象で、あ、と思って近寄るでしょ。商品でもなんでもね。一番、人を引き付けるのは色ですよ。だから、私の自宅は12色」

――じゅ、12色?

 「赤、黄、オレンジ、ピンク、グリーン……。それが800坪の敷地に建ってるわけ。一番先に目に飛び込んでくるのは黄色。赤はね、遠くからだとちょっと黒っぽく見えるんだけど。遠くからでもすぐわかるわね」

――今日のネクタイも赤と黄色……。

 「だけど、目立ついうのは危ないですよ。悪いことで目立ったら、えらいことになります。私の場合、車もレクサスの赤ですから。どこへ行っても、すぐにわかっちゃう(笑)」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

曲沼美恵[ライター]

1970年生まれ。大学卒業後、日本経済新聞社に入社。2002年からフリーに。近年はビジネス誌やウェブサイトで、ルポルタージュやインタビュー、コラム等を執筆。近著に『メディア・モンスター:誰が黒川紀章を殺したのか?』(草思社)がある。仕事に関する情報はブログでも紹介中。「ニュース」より「人」に興味あり。

 


ユニーク企業の仰天戦略

ユニークな商品・サービスを生み出している会社には、どんな経営者がいるのだろう?大企業には真似できない仰天の戦略でグローバル時代を生き残ろうと模索する、「小さな巨人たち」を追いかける。

「ユニーク企業の仰天戦略」

⇒バックナンバー一覧