ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

ロッテは日本が韓国を支配?
複雑怪奇な資本構造を解く

週刊ダイヤモンド編集部
2016年3月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo:AP/アフロ、The Asahi Shimbun/gettyimages、YONHAP NEWS/アフロ

 「ロッテは日本企業なのか、韓国企業なのか」──。お家騒動が過熱していた昨夏、韓国ではこんな議論が繰り広げられていた。

 昨夏といえば、日韓関係が急激に冷え込んでいた時期である。韓国国民の反日感情が、日韓の国境をまたいだ兄弟げんかに飛び火し、ロッテの“国籍論”に発展した。

 そもそも、なぜこんな議論が噴出したのか。理由は、ロッテの資本構造の不透明さにある。

 日本事業を統括するロッテホールディングス(HD)や韓国事業を統括するホテルロッテは未上場であるため、資本構造の詳細が開示されていないのである。

 また、「役員クラスでも把握できていない」(元ロッテ幹部)というほど、資本構造は複雑怪奇。それ故、日韓両国での報道が過熱し、臆測が飛び交った。

 では、実際にはロッテの資本構造はどうなっているのか。本誌は関係者への取材を基に、その複雑な構造を解き明かした。

 上図を見てほしい。端的に言えば、事業規模の小さな「日本ロッテ」が日本の14倍強を稼ぐ「韓国ロッテ」を“間接的”に支配しているということである。からくりは、こうだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年3月4日号 定価710円(税込)

特集 文系こそ学べ 勝つための絶対スキル データ分析

統計分析 Excel入門 データに強くなる

【特集2】
コーヒービジネス大活況
サードウェーブの次に来る波

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧