ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法
【第4回】 2016年3月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
ビクター・チェン

戦略コンサルティング会社の
面接官はどこを見ているか?

1
nextpage

戦略コンサルティング会社のインタビュアーが面接で行うことの背景にある心理的要因を理解しておくことは重要である。彼らが何を考えているかを理解すれば、彼らに対し面接で自分をより強く印象づけやすくなるだろう。新刊『戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法』の中から、その事情を解説しよう(翻訳:渡部典子)。

プロのように振る舞わなければ
面接をクリアできない

 私自身がインタビュアーを担当していたころ、「これは素晴らしい」と思わせる志望者に出会うことが何度かあった。このような人物に当たったとき、私は彼らを就職希望者としてではなく、自分の同僚として感じるようになり、面接シーンも相手を評価・選別しようとする雰囲気から、協力的なものへと変わっていった。つまるところ、面接で最も強い印象を残すのは、すでにプロのコンサルタントのように振る舞うことのできる人物なのだ。

 あなたがコンサルティングの現場実務と戦略コンサルティング・ファームの面接プロセスについて学べば学ぶほど、この2つに大きな違いはないことを理解するだろう。私の考えでは、ケース・インタビューは社内のパートナー(訳注:コンサルティング・ファームにおける最上級の役職)と行うチーム・ミーティングと本質的に同じものだ(前にも述べたとおり、あなたがケース・インタビューを苦手とするのであれば、コンサルティングの仕事も嫌うようになるだろう)。

 クライアントが戦略コンサルティング・ファームのパートナーにある要望を伝えると、パートナーは部下のコンサルタントたちに、クライアントが望むものを提供することを期待する。これと同様に、ケース・インタビュアーとなったコンサルタントは、志望者がこれらのスキルを備えていることを期待するのである。

 コンサルティングの実務がどのようにして行われているかを学べば、面接でどんな状況に出くわしても、適切に対処することがはるかに容易になるだろう。たとえば、予期せぬ質問に不意を突かれたりするが、これはケース・インタビューのみならず、クライアント相手の実務でも常に生じることである。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)



ビクター・チェン

元マッキンゼーのコンサルタント。スタンフォード大学を卒業後、8つの戦略コンサルティング・ファームの面接を経て、マッキンゼー、ベイン、モニター、L.E.K.、A.T.カーニー、オリバー・ワイマンの6社からオファーを受け、マッキンゼーに入社。トップ10パーセントに位置づけられる実績を上げ、最年少で昇進、トップ・コンサルタントとして活躍すると同時に、多くの入社希望者を面接するケース・インタビュアーを務めた。現在は独立してInc.500リストに掲載される企業のCEOのアドバイザーを務める一方、コンサルティング会社への入社を目指す人々を支援する会社を経営している。世界100カ国以上の戦略コンサルタント志願者が注目するウェブサイト(www.caseinterview.com)を運営している。
 


戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法

マッキンゼー、BCG、ベイン、A.T.カーニーといった戦略コンサルティング・ファームに就職するためには、戦略コンサルティング・ファーム独特の面接方式である「ケース・インタビュー」の対策が欠かせません。世界100カ国以上のコンサル志望者の合格請負人である著者がその秘訣を指南します。

「戦略コンサルティング・ファームの面接攻略法」

⇒バックナンバー一覧