ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

金融資産運用論の試験問題

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第138回】 2010年7月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年の春から獨協大学で学部の学生向けに「金融資産運用論」と題する授業を担当している。半年でひと区切りの授業なので、そろそろ試験を行って、成績評価をしなければならない。本稿が掲載される頃には、試験は終了している。

 今年は学生のレベルがよくわからないこともあり、記述式で単位を取りやすい出題・採点を行う方針だ。相談はダメだが、持ち込みは自由とする。出題内容も、最後の授業でおおまかに事前公開する。まじめに解答したと覚しき答案にはすべて単位を与える。

 授業で述べたことがどれくらい伝わったのか、自分をテストするような心境だ。結果を見て、秋学期以降の授業内容を修正する。

 問題は4題出題、うち1題を選択し、800字程度で論述してもらう。800字あれば、本当に理解しているかどうかわかるだろう。

 1問目は、行動ファイナンスの内容と、それが現実のビジネスにはどう応用されているかを問う。人間の判断が非合理的である可能性を前提として、主に認知心理学の成果を使って資本市場の振る舞いを研究する分野であること、既存のファイナンス研究に対しては市場での裁定に限界がある点の指摘を通じて鋭い批判になっていることなどが書かれていると、出題側としては大満足だ。実例としては、伝統的なファイナンスではダメな商品である毎月分配型ファンドが、行動ファイナンス的には売れてもおかしくない商品であることなどを例として指摘し、行動ファイナンスが金融商品のマーケティングに「悪用」されていることまで書いてくれたら最高だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧