ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと
【第8回】 2016年4月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
稲盛和夫

「私はお金が欲しい。なぜなら…」。
稲盛和夫が本田宗一郎から学んだこと
1990年2月19日、盛和塾神戸塾長例会講話抜粋

1
nextpage

稲盛和夫が語った起業の「原点」とは――。京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、JAL再建の陣頭指揮を執った「経営の父」稲盛和夫氏。その経営哲学やマネジメント手法は世界中に信奉者を持つ。
『稲盛和夫経営講演選集』(第1~3巻)『稲盛和夫経営講演選集』(第4~6巻)発刊を記念し、1990年に「本田宗一郎氏との出会い」について語った貴重な講演を抜粋します。

本田宗一郎氏との出会い。
その第一声とは?

 会社をつくって2年目あたりから、だんだん経営というものを難しいと思うようになりました。私は、経営の何たるかを知らないものですから、経営とはいったいどのようなものなのだろうか、経営者とはどんな人であるべきなのだろうか、と悩みました。

稲盛和夫(いなもり・かずお) 稲盛和夫(いなもり・かずお) 1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。主な著書に『生き方』(サンマーク出版)、『アメーバ経営』(日本経済新聞出版社)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。
『稲盛和夫オフィシャルサイト』

 そんな折に、今でいう「セミナー」の案内が届いたのです。神戸の有馬温泉で何泊かして有名な経営者の話を聞くというもので、当時のお金で数万円はするというものです。当時の私の会社にとってはたいへんな大金でした。しかし忘れもしませんが、講師の紹介に「本田宗一郎」と書いてありました。

 当時私が知っていた経営者は、本田宗一郎さんと松下幸之助さんぐらいしかいませんでした。戦後浜松で小さな二輪車の会社から始め、ドリーム号というすばらしいバイクをつくって一代で世界を席巻しつつあるという人は、本田さんの他にはいなかったのではないでしょうか。二輪車屋のおやじみたいな人が、ああいうすばらしい成功をしている。ぜひお会いして話を伺ってみたいと思いました。そうすれば経営の何たるかがわかるのではないか、と思ったのです。

 私がそのとき考えていたのは、経営がうまい人というのは、いわば人種が違う、まったく別世界の人なのではないかということでした。一介の田舎大学を出た私が、そんな難しい経営をできるのだろうかと、単純に疑問をもっていました。そのため、まず有名といわれる経営者にはどんな人がいるのか、またどういうタイプの人なら経営がうまくいくのか知りたいと思い、会社をつくってくださった宮木電機の専務で、京都セラミックの役員もされていた西枝一江さんという方に相談しました。

 西枝さんは、旧制新潟高校から京都大学を卒業されたという経歴の方で、私よりだいぶ年上の、いわゆる欲というものをもたない、たいへんな人格者でした。また多分に仏教思想をバックグラウンドにもっておられる方で、経営者としてもたいへん立派な方でした。私は疲れ果てたときに、よく西枝さんに愚痴をこぼしたものです。するといきつけの店へ連れて行ってくれて、お酒を飲ませながら愚痴を聞いてくださるのです。そこでいろいろと教育をしていただきました。こうした薫陶を受けたことが、今日の私をつくった一つの大きな要素になっています。

 その西枝さんに、「有馬温泉に本田宗一郎さんが来るので話を聞きに行きたい。ついてはそのセミナー代を、何万円か出してください」と言ったところ、「何を言っているのですか。私がこうしてことあるごとにお酒を飲ませながら、あなたに教育をしてあげているのです。そんなところへ行ったって捨て金だから、行く必要はありません」と、言われてしまいました。

 しかし私はどうしても行きたいと思ったので、「とにかく本田宗一郎という男に会ってみたいのです。ああいう奇跡的な成功を収める人が、どんな男なのか見てみたいのです」と食い下がったところ、「行ったって大した勉強にはならないよ。しょうがないな」と言いながら、行かせてくださったのです。

 会場に行ってみると、大広間の中央に講師の演壇があり、その周囲に小さな机が置いてあって聴講者が座るという形式でした。セミナーが始まり、本田さんは登場されるやいなや、われわれをこっぴどく叱りました。

本田宗一郎氏によるセミナー。その驚きの第一声とは?(写真はイメージです)

 「皆さんは何をしているのか! 温泉に入って浴衣を着て、そして経営を学ぼうとは、あまりにも悠長です。私は経営を学ぶために、こんなことをしたことはありません。そんなお金を使っている暇があるなら、早く会社に帰って自分の仕事を一生懸命しなさい。そのほうが経営の勉強になります」とおっしゃるのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


稲盛和夫

 
 


1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミック株式会社(現京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。10年に日本航空会長に就任し、代表取締役会長、名誉会長を経て、15年より名誉顧問。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。主な著書に『生き方』(サンマーク出版)、『アメーバ経営』(日本経済新聞出版社)、『ゼロからの挑戦』(PHP研究所)、『成功の要諦』(致知出版社)、『人生の王道』(日経BP社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

稲盛和夫オフィシャルサイトhttp://www.kyocera.co.jp/inamori/


稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと

稲盛和夫が語った起業の「原点」とは――。京セラとKDDIという2つの世界的大企業を創業し、経営破たんしたJALを再建させた「経営の父」稲盛和夫氏。その経営哲学やマネジメント手法は世界中に信奉者を持つ。このたび、『稲盛和夫経営講演選集』(ダイヤモンド社)発刊を記念し、1976年に自らの起業時の経験を語った貴重な講演録を、全5回に分けて掲載します。

「稲盛和夫経営講演選集(公開版) 「経営の父」が40年前に語っていたこと」

⇒バックナンバー一覧