ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
理系に学ぶ。
【第3回】 2016年4月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
川村元気 [映画プロデューサー・小説家]

しゃべりのうまいプログラマー
よりコミュ障のクリエイター

【川上量生氏×川村元気氏】対談(後編)

1
nextpage

『告白』『悪人』『モテキ』『バケモノの子』『バクマン。』などを手がけた映画プロデューサーで、初めて書いた小説『世界から猫が消えたなら』が120万部を突破し映画化。2016年も映画『怒り』『何者』など、次々と繰り出される企画が話題を集める川村元気。その背景にあるのは「“苦手を学ぶ”ことで、人間はぎりぎり成長できる」という一貫した姿勢だという。
そんな川村元気が、話題の新刊『理系に学ぶ。』では、「文系はこれから何をしたらいいのか?」をテーマに最先端の理系人15人と、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語っている。
本連載ではその中から5人との対談をピックアップするが、第3回は、カドカワ 代表取締役社長/ドワンゴ 代表取締役会長で「ニコニコ動画」の生みの親でもある川上量生さんとの対談後半。

不戦勝が最高の勝ち方?

川上 僕は競争に興味がないんですよ。世の中で勝とうと思ったら、不戦勝が一番いい。仮に競争相手がいたとしても、正々堂々と打ち合って判定勝ちとか、絶対にやりたくない。いかに競争せずに圧勝するか。ベストなのは奇襲ですよ。

川村 ただ、人間はやっぱり、競争が好きじゃないですか。
川上 権力を持っている人のほとんどが学生時代に受験戦争を勝ち抜いたエリートだからでしょう。学歴社会の弊害だと思うんですが、特にそういう人は競争すれば勝てると思っている。でも、大いなる錯覚ですよ。

川村 そういう人が社会のルールを作っていますしね。
川上 日本人はルールを守るのがまた好きですからね。

川村 昔、背泳の鈴木大地選手がバサロキックで金メダルを取ったときに「ずるい」みたいなことを言った人がいましたけど、あれもルールに縛られた人たちの象徴だなと思いました。ハリウッドの映画人と仕事で向き合うときにいつも思うのが、向こうはバサロキックみたいなことばかり繰り出してくるんです(苦笑)。そういう意味ではルールを守って真面目に戦って、なのに試合で負けるみたいなことが、日本のものづくりやビジネスでも頻発しているのかなと思ったりもします。
川上 正々堂々とかじゃなくて、勝てるルールを作るのが大事ですよ。

川村 勝負事といえば、川上さんは将棋がお好きなことでも知られていますね。
川上 今は短い時間で答えを出すようなゲームばかりが流行ってますが、昔の智将と呼ばれる人たちはけっこう優柔不断で、長いことあれこれ考えてから答えを出している。将棋はそういうスタンスの訓練になるんです。

川村 優柔不断っていい言葉ですよね。
川上 賢さの象徴ですよ、優柔不断は。だって、確固たる答えが出せないのに何か手を打てっていうのは、おかしいですよね。

川村 いつから「即決できる人が偉い」ってことになったのかなと思います。
川上 やっぱり受験戦争がバカを作ってますよ。競争のさせ方が間違っている。同じことをさせて、瞬発的能力をふるいにかけてるだけですから。

川村 僕も何をするにもすぐに始められないんです。優柔不断にぎりぎりまで考えて、新しい手を見つけることに9割方時間を費やして、ようやく始めるというか。
川上 僕も将棋や囲碁がずっと好きですけど、ルールが決まりすぎているから、まともにやって強くなろうとは思わなかったですね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


川村元気 [映画プロデューサー・小説家]

1979年横浜生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業後、東宝にて『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『寄生獣』『バケモノの子』『バクマン。』などの映画を製作。2010年米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌11年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。12年には初小説『世界から猫が消えたなら』を発表。同書は本屋大賞へのノミネートを受け、100万部突破の大ベストセラーとなり、佐藤健、宮﨑あおい出演で映画化された。13年には絵本『ティニー ふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでアニメ化され現在放送中。14年には絵本『ムーム』を発表。同作は『The Dam Keeper』で米アカデミー賞にノミネートされた、Robert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化された。同年、山田洋次・沢木耕太郎・杉本博司・倉本聰・秋元康・宮崎駿・糸井重里・篠山紀信・谷川俊太郎・鈴木敏夫・横尾忠則・坂本龍一ら12人との仕事の対話集『仕事。』が大きな反響を呼ぶ。一方で、BRUTUS誌に連載された小説第2作『億男』を発表。同作は2作連続の本屋大賞ノミネートを受け、ベストセラーとなった。近著に、ハリウッドの巨匠たちとの空想企画会議を収録した『超企画会議』などがある。

 


理系に学ぶ。

『世界から猫が消えたなら』『億男』『仕事。』で出版界に新風を吹き込む川村元気が、言葉で読み解くこれからの理系脳。最先端の理系人たちと、サイエンスとテクノロジーがもたらす世界の変化と未来を語る。
・川上量生(カドカワ 代表取締役社長/ドワンゴ 代表取締役会長)
・宮本 茂(任天堂 専務取締役 クリエイティブフェロー)
・舛田 淳(LINE 取締役 CSMO)
・西内 啓(統計家)
・出雲 充(ユーグレナ 代表取締役社長)

「理系に学ぶ。」

⇒バックナンバー一覧