ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
森信茂樹の目覚めよ!納税者

パナマ文書は日本居住者に
どれほどのインパクトを与えるか

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]
【第112回】 2016年4月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

世界に波紋を広げる「パナマ文書」
日本人と日本企業へのインパクトは?

世界中に波紋を広げているパナマ文書だが、日本居住者へのインパクトはいかほどだろうか

 パナマ文書が世界中に波紋を広げている。各国政府も解明に乗り出し、今後わが国でも、個人や法人の名前が明るみに出てくることが予想される。その場合、何が問題となるのだろうか、何を問題とすべきだろうか、考えてみた。

 パナマのモサック・フォンセカは、個人や法人がタックスヘイブン(正確にはオフショア金融センター)で会社を立ち上げ、資金を運用する手伝いを業とする法律事務所である。そこから、2.6テラバイトとも言われる大量の内部文書が流出し、それが国際調査報道ジャーナリスト連盟(ICIJ)の手にわたって、世界各国のマスコミが連携して内容を解明している。

 一挙に膨大なデータが流出したのはIT時代ならではの事件であり、政治学者のイアン・ブレマー氏は、これこそIT時代の「forced transparency」だとコメントしている。流出した情報の中身は、1970年代から2015年までの40年間に作成された顧客情報に関する機密文書で、この中にはタックスヘイブンに設立された会社の財務情報や銀行口座情報が含まれているという。企業の設立先は英領バージン諸島、バハマ、パナマなどで、口座開設などに関与した銀行は、クレディスイス、UBS、HSBCとお馴染みの顔ぶれだ。

 ここまでなら「いつもの話」で終わるのだが、今回全く異なるインパクトを与えたのは、文書の中に大統領(プーチン)、首相(キャメロン)、国家主席(習近平)などの政治家をはじめ、スポーツ選手、芸能人といった世界的に有名な人々の情報が出てくることだ。その政治的インパクトは計り知れないものがある。すでにアイスランドのグンロイグソン首相が辞任、キャメロン首相も追及され、新興国の首脳にも波及している。14日からのG20財務相会議で急遽議論されることとなった。

 そもそもタックスヘイブンに集まる金の出どころは、麻薬・賄賂・脱税の3つ、集まる動機もマネーロンダリング、脱税、租税回避、資金の秘匿などと言われている。ただし、タックスヘイブンでは一般に会社設立が容易でコストが安いことなどから、日本を含む多くの多国籍企業や金融機関、ファンドなどが合法的に会社を設立し、投資や運用を行っている。これは経済活動の一環と言え、「パナマ文書に含まれていたから問題」という図式にはならないだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

森信茂樹 [中央大学法科大学院教授 東京財団上席研究員]

(もりのぶ しげき)法学博士。東京財団上席研究員、政府税制調査会専門家委員会特別委員。1973年京都大学法学部卒業後、大蔵省入省、主税局総務課長、東京税関長、2004年プリンストン大学で教鞭をとり、財務省財務総合研究所長を最後に退官。その間大阪大学教授、東京大学客員教授。主な著書に、『日本の税制 何が問題か』(岩波書店)『どうなる?どうする!共通番号』(共著、日本経済新聞出版社)『給付つき税額控除』(共著、中央経済社)『抜本的税制改革と消費税』(大蔵財務協会)『日本が生まれ変わる税制改革』(中公新書)など。
 

 


森信茂樹の目覚めよ!納税者

税と社会保障の一体改革は、政治の大テーマとなりつつある。そもそも税・社会保障の形は、国のかたちそのものである。財務省出身で税理論、実務ともに知り抜いた筆者が、独自の視点で、財政、税制、それに関わる政治の動きを、批判的・建設的に評論し、政策提言を行う。

「森信茂樹の目覚めよ!納税者」

⇒バックナンバー一覧