ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの自工程完結 ウェブ版
【第10回】 2016年4月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木眞一

トヨタの自工程完結で、仕事の手順ごとに
必ず問われる「必要なもの」
トヨタの自工程完結をオフィスで使いこなすポイント(5)

「目的・ゴール」「最終的なアウトプットイメージ」をはっきりさせた後、「プロセス/手順」を洗い出し、そのプロセスごとに「判断基準」と「必要なもの」を明確にする。そして、各プロセスで「これで良し」と自信を持って仕事を進め、アウトプットにつなげていく。トヨタの新しい仕事の進め方です。今回は、『トヨタの自工程完結』のポイントの5つ目、正しい結果を導き出すために「必要なもの」を抜け・漏れなく出す、を紹介します。

 ベテランが仕事をするときには、精度の高い意思決定をするための材料はたくさん、広範囲にわたって出すことができます。それまでの経験があるからです。

 ところが、まだ経験が浅いと、たくさんの材料を出すことができません。結果的に、結論を間違えてしまうようなことになりかねないのです。

 工場では、正しい結果を導き出すために必要なものを「良品条件」と呼んでいます。スタッフ部門なら、情報、指定の機器やソフトウエアなどの道具、人の能力、理由/注意点といったものになるでしょう。

 そしてこれらは、プロセスごとに求められます。したがって、「プロセス/手順」ごとに、正しい結果を導き出すために「必要なもの」を抜け・漏れなく、ピックアップしていく必要がある、ということになります。



 例えば、会議の準備という仕事を考えて、これに関する「必要なもの」は、どんなことが考えられるでしょうか。

「○○を決める」会議に必要なもの
・会議で使う説明資料
・会議室、プロジェクターなど
・主催部署として必要な知識
・会議の具体的な進め方
・会議を進めていくうえでの注意点……

 一般的には、このようなことが必要になってくるでしょう。これらすべてをしっかり準備することで、会議は成功に近づくのです。

(次回は、4月27日に公開予定です)

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

コピー1枚とれなかったぼくの評価を1年で激変させた 7つの仕事術

Shin 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
たった1年で、ド落ちこぼれを外資系コンサルティングファームのマネジャーにまで成長させた超実践的成長ノウハウ! 「指摘のドラフトメール一元化」「最強のTodoリスト」……などコピー取りすらろくにできなかった20代の若手コンサルタントが、自分を変えるために必死で考えたオリジナルの7つの仕事術を紹介。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、7/2~7/8)



佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
2001年6月 取締役就任
2003年6月 常務役員就任
2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
2005年6月 専務取締役就任
2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
2009年6月 取締役副社長就任
2013年6月 相談役・技監就任
2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
2016年7月 顧問・技監就任


トヨタの自工程完結 ウェブ版

トヨタが現場からオフィスまで、全社で取り組んでいる「自工程完結」という考え方を現役幹部が紹介。仕事の進め方が変わる!

「トヨタの自工程完結 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧