ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
トヨタの自工程完結 ウェブ版
【第7回】 2016年3月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木眞一

「最終的なアウトプットイメージが描けない人」が
失敗ばかりなのは誰のせい?
トヨタの自工程完結をオフィスで使いこなすポイント(2)

『トヨタの自工程完結』を、工場だけでなく、オフィスの仕事でも活用していくためのポイントの2番目は、「『最終的なアウトプットイメージ』を明確に描く」です。上司と部下で「最終的なアウトプットイメージを共有できている」と勝手な思い込みを抱いている人が多いために、起こる問題がオフィスにはあふれています。

 この仕事は何のためにやるのか、という「目的・ゴール」を理解できたら、次は「最終的なアウトプットイメージ」を描くこと。そして、上司や他部署などの仕事の依頼者と共有することです。

 仕事を委ねられ、やってみたら、上司から「こんな仕事をお願いしたわけではない」と言われてしまった。一生懸命にやったのに、けんもほろろで突き返されてしまった。こういうことが、起きていないでしょうか。

 これは、「最終的なアウトプットイメージ」が共有されていないことが原因です。上司も伝えていなかったし、部下も聞いていなかった。しかし、それによってやり直しというロスが発生してしまう。大きく生産性を下げてしまいますし、上司も部下もがっかりということになります。

 「最終的なアウトプットイメージ」の難しさは、共有できているだろうと勝手に思い込んでしまうことが、往々にしてあることです。ところが実際には、異なる「最終的なアウトプットイメージ」を持ってしまっていたりする。

 例えば上司から「ある車の過去五年間の販売台数推移を知りたいので、グラフにしてほしい」と依頼されたとします。部下は早速作業に着手して、すぐに五年間の年間販売台数の変化がわかるグラフを作成しました。

 ところが、「これじゃあ、役に立たないよ。月別に見て販売台数がどう変化しているかが知りたかったんだ」と上司。部下は内心「最初からそう言ってくれよ」となるわけです。

 部下にしてみれば、すぐに依頼に対応している。喜んでもらえるとは思っても、怒られる筋合いはないと思っている。年別のグラフを作成するほうが、もちろん作業はラクなので、上司に確認もせず仕事を進めたのです。「最終的なアウトプットイメージ」がずれていたから、こういうことが起きたのです。

 上司にすれば、「そのくらい当然わかるだろう」と思っている。しかし、そうではないのです。だから、きちんと「最終的なアウトプットイメージ」を部下に伝えないといけない。正しく共有できていることを確認しないといけない。実際には、五分、一〇分、手間をかければできる話です。

 それこそ昔ながらの「一を聞いて一〇を知る優秀な部下」を上司は期待しているのかもしれませんし、自分もそうやってきた、と思っている上司も多い。もっと言えば、間違ったことをして学びを得るということが、部下にとっての教育になると思い違いをしている上司もたくさんいる。

 しかし、こんなことをしているから、生産性が高まらないのです。最初から「最終的なアウトプットイメージ」が正しく共有されていれば、防げる話です。そして部下はせっかくやったのに怒られ、うまくいかなかった理不尽さに、やる気をなくしていくのです。

 「最終的なアウトプットイメージ」を共有するときのやり方は、大きく四つあると思っています。
 ・口頭
 ・文字
 ・図表・写真
 ・実物

 口頭で伝えるよりも文字や図表、写真などで伝えたほうが、イメージが伝わりやすいことは多々あります。資料作りなどは、その典型でしょう。仕事を指示する上司やリーダーは、その手間を惜しんではいけません。また、もし、「最終的なアウトプットイメージ」を正しく認識できる実物のようなものがあるのであれば、それを見せるのがいちばん早いでしょう。

 しかし、「最終的なアウトプットイメージ」はいつもはっきりしている、というわけではありません。時には、「最終的なアウトプットイメージ」がぼんやりしていることもある。ところが、会社というところは、そのままそれをはっきりさせることなく、「とりあえずやってみよう」となることが少なくないのです。

 多くのケースで、これではうまくいかない。「最終的なアウトプットイメージ」が理解できていないということは、それを実現するための段取りも考えられないということだからです。したがって時間配分もできない。

 そして、すぐにアウトプットの作成にとりかかってしまうケースでは、「目的・ゴール」も聞かずにやっていることが少なくありません。目的やゴールを理解せずに、どうして正しい仕事ができるでしょうか。

 「最終的なアウトプットイメージ」は、鮮明とはいかなくても、できるだけ明確にする努力をしないといけません。「とりあえずやってみよう」の見切り発車は、やり直しや作り直しを生み、きわめて効率の悪い仕事になる危険性があります。

 そして「最終的なアウトプットイメージ」が理解できたら、次にやるべきは、すぐに行動に移ることではありません。「プロセス/手順」を考えることです。これが、次のポイント3になります。

 続くポイント3は、3月24日に公開予定です。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


佐々木眞一 [トヨタ自動車株式会社 顧問・技監]

1970年3月 北海道大学工学部機械工学科 卒業
1970年4月 トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社
1990年4月 トヨタ モーター マニュファクチャリング UK 株式会社 品質管理部長
1995年1月 トヨタ自動車株式会社 堤工場 品質管理部部長
2001年6月 取締役就任
2003年6月 常務役員就任
2004年6月 トヨタモーターエンジニアリング・マニュファクチャリングヨーロッパ株式会社 取締役社長
2005年6月 専務取締役就任
2005年10月 トヨタモーターヨーロッパ株式会社 取締役社長
2009年6月 取締役副社長就任
2013年6月 相談役・技監就任
2015年11月 著書『現場からオフィスまで、全社で展開する トヨタの自工程完結』上梓
2016年7月 顧問・技監就任


トヨタの自工程完結 ウェブ版

トヨタが現場からオフィスまで、全社で取り組んでいる「自工程完結」という考え方を現役幹部が紹介。仕事の進め方が変わる!

「トヨタの自工程完結 ウェブ版」

⇒バックナンバー一覧