ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

「お客さんが怖い」と横綱に言わしめた異例の名古屋場所。存亡の危機に立つ大相撲 「改革」への模索

――何を残して、何を変えていくのか

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第49回】 2010年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
優勝旗を手にする白鵬。異例の場所となった名古屋場所の15日間、自らの相撲で土俵を支え、3場所連続の全勝優勝。かつての横綱・大鵬の連勝記録「45」を超え、「47」と記録を伸ばした。

 「お客さんが初日から応援してくれるから、それがまた怖かった。自分に期待してくれる人がたくさんいるんだなと感じたが、その分怖かった」

 大相撲名古屋場所を、3場所連続全勝優勝という偉業で制した横綱・白鵬。しかし、優勝の象徴ともいえる天皇賜杯は渡されず、表彰式では涙を流した。

 上記の言葉は、その白鵬が初日の気持ちを振り返ったものだ。普段は公開している稽古場をブルーシートで覆い隠し、ファンや報道陣をシャットアウトした白鵬。圧倒的な強さで名古屋場所を制しながら「怖かった」と語った白鵬の言葉は、異例の15日間を象徴していた。

 大相撲名古屋場所は、まさに異例づくしだった。暴力団担当の警察官が場内を巡回。初日恒例の協会挨拶は、理事長代行による謝罪から始まった。謹慎となった関取は10人に及び、幕の内の取組は3番も減った。

 野球賭博問題に揺れ、存亡の危機に立つ大相撲。失った信頼を取り戻す試金石となるはずだった、名古屋場所とはどんなものだったのか。私たち取材班は、本場所中の相撲部屋の15日間を追った。

反省から生まれた改革への模索。
ある若手親方の取り組み

境川部屋の力士たち。謹慎を受けた力士たちは、本場所の相撲を部屋のテレビで見るしかなかった。

 私たちがまず取材したのは、2人の幕の内力士が謹慎となった境川部屋。前頭4枚目、24歳の豪栄道。そして前頭6枚目、25歳の豊響。共に、初土俵から2年で関取に昇進し、将来を期待される力士だが、その裏で野球賭博に関わっていた。

 謹慎中の力士は、稽古場と宿舎から離れることを原則禁じられるため、早朝から2人だけの激しい稽古が続いていた。ライバルの取組はテレビやインターネットでしか見ることができなかった。

 「悪いことをしたので、もう1回チャンスをもらえるだけで、ありがたい」
 「与えられた時間で稽古をして来場所に向けて頑張りたい」

 自らを見つめ直し稽古に励む両力士は、反省の気持ちをカメラの前で語った。しかし、来場所は、十両に落ちる可能性もある2人。野球賭博で、出世は足踏みすることになった。

 一方で、今回の問題をきっかけに、部屋の生活を見つめ直そうと動き始めた親方もいた。人気の高見盛が部屋頭の東関部屋だ。元前頭・潮丸(うしおまる)の東関親方は32歳。部屋では野球賭博による謹慎者はいなかったものの、親方は、弟子の1人とともに、かつて花札での賭け事をしたことがあると申告していた。

 「少額ではあったものの、賭け事をやってしまったという自分のふがいなさが強く、謝罪して、また新たにスタートを切ろう」

 と名古屋場所に臨んでいた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧