ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

マスコミが被災地で繰り返し暴走するのはなぜか

窪田順生 [ノンフィクションライター]
2016年4月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

熊本地震の被災地でたびたび、マスコミ関係者が起こすトラブルが問題になっている。しかし、これはなにも今に始まった話ではなく、過去、何度も災害が起こるたびに繰り返されてきた。マスコミ業界の根深いトラブル体質の原因はどこにあるのだろうか?

雲仙普賢岳の取材では巻き添え死者も
繰り返される被災地でのマスコミトラブル

 マスコミと被災者の「トラブル」が多発している。4月21日、TBSのNスタが熊本県益城町の避難所からボランティアの受け入れ状況について生中継していたところ、リポーターの背後からあらわれた被災者と思しき男性から、「見世物ではない」「車、邪魔、どかせよ!」などと怒鳴られたのだ。その様子をスタジオで見た堀尾正明アナウンサーは慌てて、「ご迷惑になっているようで、すみません」と謝罪。中継を打ち切る事態となった。

マスコミが被災地取材でトラブルを起こすのは、今に始まったことではない。1991年の雲仙普賢岳噴火の際には「迫力のある絵」にマスコミが固執した結果、関係のないタクシー運転手や消防団員、警察官も巻き込んだ死者を出す事態が起きてしまった

 その前の週にも、益城町からの中継準備で焦った関西テレビの取材クルーがガソリンの給油待ちをする被災者の列に割り込みをしたとして謝罪。さらに、この割り込みの事実を指摘した被災者のTwitterを、仙台放送のカメラマンが「デマ」扱いをしたことで、こちらも謝罪に追い込まれた。

 このような「トラブル」は氷山の一角にすぎず、今回の災害を後にしっかりと検証した際には、似たような話がゴロゴロと出てくるだろう。それは歴史が証明している。日本の災害報道の歴史は、マスコミと被災者の「トラブル史」と言っても過言ではないのだ。

 1991年、火砕流で43人が亡くなった雲仙普賢岳。原地で取材をした西日本新聞の元島原支局員・安達清志氏は、後にこのように振り返っておられる。

《避難所の小学校へ向かった。ごった返す中、取材を申し込むと「おまえらに用はなか。帰れ」と思いがけない言葉。定点周辺での無神経な駐車、避難者の留守宅に入り込み勝手に電気を使った社もあるなど、報道機関に対する住民の不信感の強さを思い知らされた》(西日本新聞2011年5月29日)

 「定点」とは、雲仙の溶岩ドームをのぞめる高台。「迫力のある絵」が撮れることから、日本全国からマスコミが押しかけていた。自治体や警察から避難勧告が出ていたが、「他社がいるのに引くことではできない」と誰も耳を貸さずに居座るため、チャーターされたタクシー運転手や消防団員、警察官も、その場に残らざるを得なくなった。その結果、高台を直撃した火砕流で43人もの尊い命が失われたのだ。

 この4年後の阪神・淡路大震災でも、噴煙の上がる市街地をヘリから興奮気味に「まるで温泉です」とレポートしたり、大切な人を失い茫然自失となった家人に無神経にマイクを向けたり、というマスコミに被災者から批判が寄せられた。

 当時、学生ボランティアとして現地入りをした沖縄タイムスの田嶋正雄記者も、そんなマスコミの傍若無人ぶりを目撃したひとりだ。

《報道カメラマンやテレビクルーを何度か見掛けた。「獲物」を狙うようにやってきて、撮りたい「絵」を撮って「ネタ」になる話だけ聞いたら、黒塗りのハイヤーでそそくさと「次」へと去っていく。そんな様子を冷ややかに見ていた。「あっちの現場の方がエグいな」。漏れ聞こえる無神経な会話には怒りを覚えた》(沖縄タイムス2015年1月15日)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

窪田順生 [ノンフィクションライター]

くぼた・まさき/テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経て現在はノンフィクションライターとして週刊誌や月刊誌へ寄稿する傍ら、報道対策アドバイザーとしても活動。これまで200件以上の広報コンサルティングやメディアトレーニング(取材対応トレーニング)を行う。
著書は日本の政治や企業の広報戦略をテーマにした『スピンドクター "モミ消しのプロ"が駆使する「情報操作」の技術』(講談社α文庫)など。『14階段――検証 新潟少女9年2カ月監禁事件』(小学館)で第12回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。


ニュース3面鏡

インターネットの登場以来、以前にもまして巷にはニュースがあふれ返っています。そうしたニュースや出来事の中から、DOL編集部が気になる出来事を厳選し、正面のみならず右から左から、価値あるニュース、楽しいニュースをお届けします。

「ニュース3面鏡」

⇒バックナンバー一覧