ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

兵役を前に
美女とのロマンス再び

北 康利 [作家]
【第6回】 2016年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ラブレター事件のその後

 数日後に学校側が下した処分は、西村にとって驚くほど厳しいものであった。

 彼は退学となったのだ。

 一方の幸一は1週間の停学。

 N女にラブレターを出したのみならず、西村に妙な知恵まで貸し、おまけに煙草を持っているところを見つかったにしては幸一の処分が軽すぎる。彼は『塚本幸一 わが青春譜』の中で、八幡町の町長だった祖父の隠然たる力が罪一等減じたのだろうと推測している。

 それでも、軍事教練をはじめ、道徳教育の課目はすべて減点されることになった。成績表に“操行要注意”の判が押されていたのは言うまでもない。

 信も学校に呼びだされて注意された。ところがどうしたわけか、家に帰っても何一つ小言を言わなかったという。

 “極道もん”の粂次郎に比べたら、幸一のそれなどまだいたずらの域を出ないと思ったのだろうか。怒られないというのも、それはまたそれでこたえた。罪滅ぼしの代わりに必死に勉強した。

 それからしばらくの間、N女とは音信が途絶えていたが、1年半ほどが経ち、幸一の卒業が目前となった頃、再び彼女から手紙が届いた。

 それはよりによって卒業試験の真っ最中。一夜漬けを2日繰り返して朦朧(もうろう)としていた時のこと、級友の岸田という男が、彼女からの手紙をもって彼の下宿に現れたのだ。

 手紙の開封を試験後にできるほど冷静ではいられない。その場で開封してみると驚くべきことが書かれていた。

 「一年半、私はあなたのことを思い続けてきました。でも、あの事件では自分の父が、誠に申し訳のないことをして、ご迷惑をお掛けしましたので、もう会ってもらえないだろうと覚悟しています。しかし、自分はあなたが京都のおうちへお帰りになるのなら、後を追って京都へ行こうと思っています。幸いなことに兄が京都で店を持っていますので、そこに下宿して補習学校に通うつもりです。一年半前のことを許していただけるものなら、再び交際してほしいのです」

 嬉しくないはずがない。思わず躍り上がりたくなるのを岸田の前でもあり必死に押さえていた。だが押さえられない何ものかがこみ上げてくる。鼻の付け根がじーんと生温かい感じがすると、妙だなと思う間もなく鼻血が吹き出してきたのだ、2日間の徹夜疲れもあって、思わずその場にへなへなと倒れ込んでしまった。

 ところが岸田は、彼女に返事を持って帰る約束をしているという。日に焼けて赤茶けた下宿の畳に寝転がって、鼻血を手で押さえながら、

 「彼女に伝えてくれ。また、京都で会おう、と」

 それだけ言うと今度こそ、幸一はその場で昏倒してしまった。

 丸一日寝込み、おかげで卒業試験の最終日は欠席せざるを得なくなったが、それでもなんとか15番で卒業することができた。

次のページ>> 迫り来る戦争の影
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

北 康利 [作家]

きた・やすとし/昭和35年12月24日愛知県名古屋市生まれ、東京大学法学部卒業後、富士銀行入行。資産証券化の専門家として富士証券投資戦略部長、みずほ証券財務開発部長等を歴任。平成20年6月末でみずほ証券退職。本格的に作家活動に入る。“100年経営の会”顧問。松下政経塾講師。著書に『白洲次郎 占領を背負った男』(第14回山本七平賞)、『福沢諭吉 国を支えて国を頼らず』、『吉田茂ポピュリズムに背を向けて』(以上、講談社)、『陰徳を積む 銀行王・安田善次郎伝』(新潮社)、『西郷隆盛命もいらず、名もいらず』(WAC)、『松下幸之助 経営の神様とよばれた男』(PHP研究所)などがある。最新刊は『佐治敬三と開高健最強のふたり』(講談社)。


ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」

⇒バックナンバー一覧