ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一

ブラジャー。この華やかな商品に一生を捧げた男がいた。戦後京都を代表するベンチャー企業「ワコール」を創業した塚本幸一である。インパール作戦の生き残りという壮絶な戦争体験を持つ彼は、いかにして女性用下着に出会い、その未開市場を開拓していったのか。ベンチャースピリット溢れるその豪快華麗な生涯を、いま最も注目される評伝作家・北康利が描きだす!

RSS
スペシャル・インフォメーションPR
「ブラジャーで天下を取った男 ワコール創業者・塚本幸一」の全記事一覧
  • 第34回 生涯の友・千宗興との出会い 

    [2016年11月30日]
    東京進出に苦闘していた昭和27年、幸一は後の人生に極めて重要な影響を及ぼす人物と出会う。茶道裏千家の若宗匠・千宗興である。後年、驚異的とも言える人脈を築く幸一だが、そのきっかけはこの出会いから生まれた。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第34回!

  • 第33回 難攻不落の東京市場への挑戦 

    [2016年11月23日]
    不渡り一歩手前の厳しい経営状態にもかかわらず、和江商事は東京進出に積極的に乗り出した。しかし初代所長の薮中は市場開拓に失敗し退社。追い込まれた幸一は、盟友・川口郁雄に東京行きを命ずる。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第33回!

  • 第32回 資金繰りに詰まって手を出した
    “融通手形”という麻薬 

    [2016年11月16日]
    売上増大に伴い、新社屋購入、東京事務所開設、急速な人員増など幸一は積極経営に打って出た。しかし急激な運転資金の増大は会社の資金繰りを悪化させた。窮地に陥る幸一らが手を出したのは禁断の「融通手形」だった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第32回!

  • 第31回 ミス・ユニバースまで輩出した
    下着ショーのモデル 

    [2016年11月09日]
    新たな販促手段「下着ショー」は大成功となり全国で開催されることとなった。その勢いに乗って幸一は、本格的な東京進出に乗り出す。しかしライバルとして立ちふさがったのは、かつて危機から救ってくれた半沢商店だった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第31回!

  • 第30回 クーデターによる社長復帰 

    [2016年11月02日]
    和江商事の次なる課題は社長の木原が担当する営業部門だった。これを一気に掌握するため幸一はクーデターを仕掛ける。電撃的に社長に復帰した幸一は、新商標「ワコール」を生み出し、新たな販促手段「下着ショー」に打って出た。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第30回!

  • 第29回 ブラジャー大量生産を支えた
    伝説の女性社員 

    [2016年10月26日]
    本社移転を果たし事業拡大に向けて走り始めた幸一。カギを握るのはブラジャーの安定した生産システムだった。その重責を担う人材として彼が見出したのが渡辺あさ野である。ワコールの生産技術部門をリードし、世界飛躍を支えた女傑の実像とは。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第29回!

  • 第28回 社長退任と引き替えに手に入れた
    製造工場 

    [2016年10月19日]
    軌道に乗り始めた和江商事の経営だったが、幸一は販売会社という立場に不安を抱いていた。目指すべきは日本初の製販一体下着メーカーだと確信した彼は、誰もが驚愕する一手を打ち出す。そして飛躍へのカギを握る一人の女性が登場する。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第28回!

  • 第27回 ブラジャー販売合戦
    伝説の“四条河原の決戦” 

    [2016年10月12日]
    ついに始まった高島屋京都店でのブラジャー販売合戦。店頭に立った内田美代とそれを裏で支える幸一の連係プレーにより、圧倒的な勝利を収める。この勝利を契機に大阪への進出も実現。倒産の危機から一転、いよいよ快進撃が始まった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第27回!

  • 第26回 百貨店への商品納入をめぐる
    執念の戦い 

    [2016年10月05日]
    ブラジャー市場に進出した和江商事にとって、百貨店への商品納入は最重要課題だった。ところが念願の取引がライバルの攻勢で白紙に。一発逆転を狙う幸一はここから驚異的な粘りを発揮する。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第26回!

  • 第25回 心中する覚悟で挑んだ
    ブラジャーへの進出 

    [2016年09月28日]
    毎週のように京都~東京を往復して半沢商店と取引するうち、会社の業績は好転してきた。しかし主力商品のブラパットが競合品に駆逐されるに及び、幸一はついにブラジャーの製造販売に乗り出す。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第25回!

  • 第24回 経営思想「知己(おのれを知る)」開眼 

    [2016年09月21日]
    深刻な経営危機を迎えた昭和25年早春、思い悩む塚本はある宗教と出会った。彼はそれをきっかけに、「生かされた人生」を50年計画という形で実践することへの自信を深めていく。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第24回!

  • 第23回 松下幸之助に学んだ
    伝説の「50年計画」 

    [2016年09月14日]
    株式会社化したとたんに訪れた倒産の危機。それを乗り越えるため塚本は「50年計画」をブチ上げる。総勢10人の零細企業の社長が出したとは思えない大風呂敷には、実は明確なモデルがあった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第23回!

  • 第22回 “にせオッパイ”との出会い 

    [2016年09月07日]
    安定して売れる商品を探していた幸一は、洋装化にともなって市場拡大が見込める女性下着に目をつけ始めた。そんなとき、ワコールの原点とも言える新商品が持ち込まれる。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第22回!

  • 第21回 最初はお茶くみだった
    伝説の女傑社員 

    [2016年08月31日]
    川口と中村という最強の仲間を獲得した幸一。だが、ワコールが女性用下着でトップ企業になっていくに際し、不可欠だったのは女性パワーである。その象徴でもあり、後に女傑と呼ばれる第1号女性社員が創業メンバーとして加わった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第21回!

  • 第20回 ワコール伝説をともに築いた
    2人の同級生 

    [2016年08月24日]
    業容拡大に向け人材獲得に乗り出した幸一。彼が目をつけたのは八幡商業時代の同級生だった。一人は大企業に勤める川口郁雄。もう一人は優等生の誉れ高く首席で卒業した中村伊一。後に会社を支える2人を幸一はいかにして口説いたのか。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第20回!

  • 第19回 地獄の戦場で学んだ
    “機先を制する”ことの大切さ 

    [2016年08月17日]
    有力な商品仕入れ先と代理店契約を交わすため、幸一は奇想天外な作戦に打って出た。その妙手が功を奏して見事に契約を結ぶが、実はそれは商売人としての根本を問われるトラブルのきっかけでもあった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第19回!

  • 第18回 生活費一ヵ月分を
    投じて得た仕入れ先 

    [2016年08月10日]
    婦人用装身具の卸売を始めた幸一は、新たな商品の仕入先を開拓するために雑誌広告を出すことにする。「当方二十六歳の復員軍人、財無けれど精励恪勤期待を裏切らず」。あまりにも馬鹿正直な広告だが、なんとそれに反応した男がいた。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第18回!

  • 第17回 25歳の復員兵ベンチャー起業家 

    [2016年08月03日]
    復員兵たちを集め婦人装身具の卸売を始めた幸一。社名を和江商事と定め設立趣意書まで用意したが、商売を軌道に乗せることは一筋縄ではいかなかった。そんな折、幸一は生涯の伴侶となる上田良枝と出会うこととなる。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第17回!

  • 第16回 護国神社で誓った
    女性への恩返し 

    [2016年07月27日]
    戦地から戻った幸一は、戦友たちの冥福を祈るため護国神社に詣でた。しかしそこで目にしたのは敗戦国の女の悲しい現実だった。幸一は闇市で女性用装身具を売る商売を始める。それは女性の美しさに一生を捧げた幸一の最初の一歩だった。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第16回!

  • 第15回 今にビルを建ててやる!
    ――復員兵として京都へ 

    [2016年07月20日]
    終戦から10ヵ月が過ぎ、京都の塚本家ではいまだ戻らぬ幸一の生死を案じながら過ごしていた。そうしたなか浦賀港に帰還した幸一は、ついに祖国の土を踏むことになる。一路京都へと向かった幸一は、家族と感激の対面を果たす。ワコール創業者・塚本幸一の本格評伝「ブラジャーで天下を取った男」連載第15回!

1
nextpage

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事