ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
俺様社員の取扱説明書
【第11回】 2010年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
内田和俊 [SYPシステム専属専任講師]

人を育てるのに“近道”はない
「桃栗3年、柿8年」――果樹園の法則

1
nextpage

辞められてしまうことを恐れてはいけない

 教えること(ティーチング)の基本は「厳しく」です。

 正確に言うと、「愛情をもって厳しく」です。

 では、なぜ上司は若手社員に対して厳しく接することができないのでしょうか。

 その本当の理由は、パワハラの問題に発展することや360度評価による報復を恐れているからではなく、彼らに辞められてしまうことを恐れているからではないでしょうか。

 そして、元をただせば、本当は採用に失敗した人事部が悪いのに、いつの間にか彼らが辞めた原因は「管理者の管理能力の欠如」にすり替えられ、その責任を人事部から押しつけられてしまうことを恐れているからではないでしょうか。

 今や、大卒社員の3人に1人は、3年以内に最初に入った会社を辞めていると言われています。

 また、総務省統計局の調査によると、2001年(平成13年)以降、25~34歳の転職者数は毎年100万人を超えています。

 多くのビジネスリーダーが、若い社員に厳しく接することで、この数字に拍車をかけてしまうのではないかと不安に思っているのではないでしょうか。

 もちろん、最近の若い人たちは厳しくされることに慣れていませんから、もし厳しくされたら、それが嫌で辞めていく人たちもいるでしょう。

 ただ、このパターンで辞めていく社員は、もともと長くは続きません。早いか遅いかの違いはありますが、いずれ辞めていくでしょう。早く辞めてもらったほうが、お互いの幸せになります。本人にとっても、会社にとってもいいことです。

 逆に、次のようなパターンで辞めていく社員も多いのが事実です。

 構ってもらえない(怒られない、厳しくされない、いじってもらえない、教えてもらえない)ことを、自分たちに対する無関心の表れと捉え、自分たちはこの会社に必要な人物ではないと思い始め、最終的には「居場所がない」と感じ会社を去っていくのです。

 厳しくしたら、本当に彼らは会社を辞めてしまうのでしょうか。

 この問いに対して、正解はないとは思いますが、私はノーと言いたいです。

 ゴールデンエイジの特徴のひとつに、「一生に1回しか訪れない」が挙げられます。これは、悪い情報になりますが、その反対によい情報もあります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


内田和俊 [SYPシステム専属専任講師]

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒。人材育成コンサルタント、PHP認定ビジネスコーチ上級。人材育成を専門とし、多くのクライアントと関わる。 2002年、東京国際フォーラムで開催された日本コーチ協会全国大会では、日本で成功した4人のパイオニア的コーチの1人に選ばれ、講師・パネラーをつとめる。現在、主に一部上場企業の幹部社員を対象にした社員研修やコンサルティングを実施。1年間で約1万人に集合研修、500人に個人セッションを行っている。研修実績は、三菱重工業、明治安田生命、新日本石油、NTT東日本、ライオン、あすか製薬、キャタピラージャパン、大鵬薬品、ソフトバンクテレコム、三菱マーケティング研究会、東京消防庁など100社以上。
SYPシステム


俺様社員の取扱説明書

TOEICで900点台、MBA取得、留学経験あり、数々の資格を保有、一流大学卒業etc…「自分はできる」と勘違いする社員、群れをなして足を引っ張る無気力社員など、育て方が難しい若手社員が職場にいませんか?
社内の問題児にするか、高業績社員にするかは、上司のマネジメント力次第!自己主張が強いだけのわがまま社員をチームプレーのできる社員に育て上げるコツを解説します。

「俺様社員の取扱説明書」

⇒バックナンバー一覧