ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辻広雅文 プリズム+one

ドイツと英国に学ぶ「後期高齢者医療制度」の抜本的改善策

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]
【第28回】 2008年5月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

  「後期高齢者医療制度」への激しい批判をかわすべく、政府・与党は見直し作業に入った。だが、低所得者の保険料の負担軽減策が中心であり、根源的な欠陥には手をつけそうもない。

 4月16日の当コラム「後期高齢者医療制度が“現代の姥捨て山”と批判される本当の理由」には、大きな反響があった。寄せられた多くの感想には、「「この新制度は保険ではない」ことを知って驚いた」と書かれていた。

 詳しい解説はそちらを読んでいただきたいが、要点だけ記しておこう。

1) この新制度に関するどの法律を見ても、保険であるという表現は一切出てこない。「後期高齢者医療制度」は、その表記とおり『制度』であって『保険』ではない。

2) 保険であれば、運営責任者である「保険者」が存在する。国民健康保険や介護保険は、市町村が保険者である。保険者はその保険の財政責任を負わなければならない。逆に言えば、保険者がいなければ、その運営主体は財政責任を負わない。財政責任を負わなければ、医療費抑制に努力するインセンテイブなど働かない。

3) 保険者不在の欠陥制度になったのは、厚生労働省の強い要請にも関わらず、財政責任など負いたくない市町村が保険者になるのを嫌がったからである。

4) 財政責任を負わず、保険料は年金からの天引きだから、保険料徴収の苦労もなく、コストもかからない。したがって、保険料抑制のインセンテイブは二重に働かない。運営主体が「広域連合」という“架空の地方自治体”であることを加味すれば、三重の無責任体制といってもいい。

 ここで、保険者がいないことによって制度設計が歪んでしまった事例を、もうひとつ挙げよう。

 当たり前のことだが、医療費総額は、診療報酬(価格)×回数という掛け算である。医療費の抑制は、保険者である市町村が地域ぐるみで健康維持管理活動を展開し、治療だけでなく予防の観点にも重きを置き、診療回数を少なくするのが正道であろう。

 だが、保険者ではない広域連合では回数を減らそうというインセンテイブは働かない。その欠陥を補うためであろう、厚生労働書は診療報酬という価格に手をつけた。実は、この新制度の開始と同時に、75歳以上の人びとには「定額制」というまったく別個の診療報酬体系が導入されたのである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]

1981年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属後、エレクトロニクス、流通などの業界を担当。91年副編集長となり金融分野を担当。01年から04年5月末まで編集長を務める。主な著書に「ドキュメント住専崩壊」(共著)ほか。


辻広雅文 プリズム+one

政治・経済だけではなく、社会問題にいたるまで、辻広雅文が独自の視点で鋭く斬る。旬のテーマを徹底解説、注目の連載です。

「辻広雅文 プリズム+one」

⇒バックナンバー一覧