ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

「やればできる子」セガ復活の足音

石島照代 [ジャーナリスト]
【第3回】 2010年8月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

アーケード業界の雄であり、かつては家庭用ゲーム機市場でも「セガサターン」などの自社ゲーム機を擁し、任天堂やソニーと並ぶ、三大ハードメーカーの一角として存在感を示してきたセガ。いくども倒産の危機を迎えるも、潜在的開発能力の高さと、国際的な知名度を持つセガに魅入られた様々な同業他社が、幾度となく"求婚"するほどの人気ぶりだった。その人気者も、6年前にパチンコ業界大手のサミーと経営統合、すっかり落ち着いたようにも見えるが、現状はどうなのか。セガの今を追う。

 本題に入る前に、ゲーム関連業界各社の2011年3月期第1四半期決算から、現在の業界の状況を見ておこう。

 全体的な状況としては、コーエーテクモを除けばおおむね順調だ。バンダイナムコは、ゲームを中心とするコンテンツ部門は回復が遅れているが、子会社バンダイを中心とするトイホビー部門が41億円の利益を計上するなど好調で、今決算に大きく貢献した。

 好調さが際立つのがスクウェア・エニックスだ。「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」など、大ヒットタイトルを抱えている一方、業績に波ができやすいのが弱点だった。ところが、最近は大ヒットタイトル以外でも、「鋼の錬金術師」などの人気自社IP(知的財産)を出版事業やライツ・プロパティ事業、モバイル・コンテンツ事業に自社内で水平展開するビジネスが堅調に推移しており、大ヒットタイトルに振り回されない堅実な経営基盤形成を目指している様子が伺える。

 任天堂は、円高の進行に伴い705億円の為替差損が発生し、最終損益が252億円の赤字になって話題を集めた。年末に「ニンテンドー3DS」の発売を控え、DSの買い控えがおきているという指摘もあるが、それよりも欧州を含む地域でのDS用ソフトウェアの売上本数が減少している方が気になる。前年同期比で約400万本も下がっているためだ。9月18日発売予定の完全新作「ポケットモンスター ブラック・ホワイト」(ニンテンドーDS用)が、欧州の不振をどこまで埋められるか注目だ。

 カプコンは大幅赤字になってはいるが、これは大型タイトルの販売時期の計画変更もあり、この数字だけで単純判断はできない。こちらも、年末に控えている「モンスターハンターポータブル3rd」(プレイステーション・ポータブル用)の結果を待ちたいところだ。

 そして本題のセガだが、親会社セガサミーはパチンコ・パチスロ事業が昨年に引き続き好調で、赤字だった前年同期から大きく復活した。昨年同期の赤字決算の一因だった、アミューズメント事業も、「初音ミク Project DIVA Arcade」、「ボーダーブレイク」等が好調で、営業利益が約14億円の黒字決算となっている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

石島照代 [ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

 


コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧