ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

日系企業が中国市場で生き残る道は、「サービス」にあり

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第30回】 2010年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 これまで、商品の品質や技術力で勝負してきた日本企業。その日本企業の優位性は、一部の圧倒的に差別化できる商品分野を除き、段々と薄れてきている。

 「まだまだ商品の品質では負けていない」と考えている日系企業経営者の方々も少なくはないと思うが、単に品質がよければ売れるわけではないのは、御存じの通り。

 特に中国のように、低価格・低品質の商品から高価格・高品質の商品までが提供される顧客の選択肢が広い市場では、企業間の競争は「品質と価格」の総合的な戦いになる。つまり、相対的に顧客にアピールできる商品でないと、生き残ることはできない。

 しかも昨今は、低価格を武器とする中国ローカル企業の出す商品の品質も、「まあまあ」のレベルに上がってきており、高品質・高価格でしか勝負できない日本企業は、ますます劣勢に立たされているのが現実だ。

日本企業は自分たちの得意分野で戦うべき
商品の競争力を日本流サービスで補う

 このような状況下、日系企業が中国で生き残るための1つの鍵が、「サービス」で勝負することだと思う。

 元来、日本人にはあって中国人にないのが、「きめ細かいサービスの精神」だ。リッツカールトンの顧客サービスレベルは、リッツカールトンに宿泊した人にしかわからないように、日本の「おもてなしの心」は、そういったおもてなしを受けたことがない中国人にはわからない。

 世界でもサービスに対して厳しい目を持つ日本人というお客様に対して、長期的にサービスを提供し続けてきた日本企業だからこそ、中国でも「きめ細かいサービス」で戦うことを考えてはどうだろうか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧