ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

「犬の殺処分ゼロ」を神奈川県が3年連続達成できた理由

木原洋美 [医療ジャーナリスト]
2016年5月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

犬や猫を引き取っている「神奈川県動物保護センター」は、2016年度まで3年連続の犬の殺処分ゼロを達成した。「なぜ、神奈川県は殺処分ゼロを達成できたのか」。そのノウハウは、他の自治体でも役立つはずである。そこで、同センターを訪問し、話を聞いた。(取材・写真・文/ジャーナリスト 木原洋美)

かつて小学生の娘と訪問した際に
目を潤ませていた獣医師の職員の姿

近所の公園で保護した2頭のシーズー。交番経由で、川崎市動物愛護センターに引き取ってもらい、新しい飼い主さんに譲渡された

 「僕は動物を助けたくて獣医師になりました。殺処分するのは本当につらい」

 2010年の夏、当時小学6年生だった娘に付き添い、夏休みの自由研究のために訪れた川崎市動物愛護センターの職員は、目を潤ませながら話してくれた。

 我が家にも猫と犬がいる。猫は近所のアパートの軒下生まれだ。大切な家族として、彼らに対する愛情が深まるほどに、動物愛護センターに「保護」される犬と猫たちのことがずっと気になっていた。

 それまで私は、「動物愛護センターという名前ほど、皮肉な名前はない。実態は殺処分センターなのだから」と思っていた。しかし、川崎市のセンターは違っていた。10人いる職員の半数以上は獣医師。冒頭の想いを抱えた彼らは、殺処分数を少しでも減らそうと奮闘していたのだ。

 通常なら「収容から5日間経過しても飼い主が現れない動物は殺処分」すべきところ、実際は譲渡先を探しながら長期間飼育されていた。このため、建物内は所狭しとケージが置かれ、満員の状態。それでもケージ1つ1つに、収容されている犬猫の性格や当日の体調を記した手書きのメモが貼られ、職員は愛情込めて飼養しているようだった。新しい飼い主への譲渡を目指し、「しつけや散歩も行っている」と聞いた。

 当時の殺処分数は、年間1223頭を収容したうちの700頭弱(うち犬は30頭)。その10年前の2000年には2000頭以上を殺処分していたのだから、半数以下(『川崎市 動物愛護センター 平成22年度 事業概要』より)に減らしたことになる。

 悲惨な最期を遂げる動物を減らすため、私たちに何ができるかを職員に問うと……。

 「僕たち職員も、譲渡会や動物愛護教室といった啓蒙活動などの努力をしてきましたが、譲渡先を見つけてくれるボランティア団体には、本当に助けてもらっています。ただ、もらい手を増やす以上に重要なのは、無責任な飼い主を減らすことです。安易に飼って、安易に捨てることが、どんなにいけないことかを、あなたも学校で友だちみんなに教えてあげてほしい」との答えが返ってきた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

木原洋美 [医療ジャーナリスト]

きはら・ひろみ/宮城県石巻市の漁村で生まれ、岩手県の山村で幼少期を過ごし、宮城県の穀倉地帯で少女時代を送る。明治学院大学在学中にコピーライターとして働き始め、20代後半で独立してフリーランスに。西武セゾングループ、松坂屋、東京電力、全労済、エーザイ等々、ファッション、流通、環境保全から医療まで、幅広い分野のPRに関わる。2000年以降は軸足を医療分野にシフト。「常に問題意識と当事者感覚を大切に取材し、よ~く咀嚼した自分の言葉で伝え、現場と患者の架け橋になる」をモットーに、「ドクターズガイド」(時事通信社)「週刊現代 日本が誇るトップドクターが明かす(シリーズ)」(講談社)「ダイヤモンドQ」(ダイヤモンド社)「JQR Medical」(インテグラル)等で、企画・取材・執筆を深く、楽しく手掛けてきた。2012年、あたらす株式会社設立(代表取締役)。2014年、一般社団法人 森のマルシェ設立(代表理事)。森のマルシェでは、「木を遣うことが森を守ります」の理念を掲げ、国産材の樽で仕込む日本ワインやバルサミコ酢の開発等、国産材の需要を開拓する事業に取り組んでいる。


DOL特別レポート

内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。

「DOL特別レポート」

⇒バックナンバー一覧