ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

なぜ日本人は魅了されたのか?
小惑星探査機「はやぶさ」奇跡の生還ドラマ

NHK「追跡!AtoZ」取材班
【第50回】 2010年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
「はやぶさ」を支えたプロジェクトチームのメンバー、総勢80人。奇跡の生還の陰には、チーム崩壊の危機もあったという。

 60億キロ、7年におよぶ宇宙の旅を終え、地球に帰還した小惑星探査機「はやぶさ」。小惑星の砂が入っているかもしれないカプセルを地球に届けた後、大気圏で燃え尽きる姿は多くの感動を呼んだ。エンジントラブル、通信途絶など、数々の困難を乗り越えた「はやぶさ」と、その旅路を支え続けた技術者たち。しかし、華やかな成果の陰で、プロジェクトチームに崩壊の危機があったことは知られていない。

プロジェクトチームに
次々と襲い掛かる試練

 2005年9月。「はやぶさ」が、地球からはるか3億キロ離れた小惑星イトカワの姿をとらえたのは、地球を旅立って2年が過ぎた時だった。管制室は、歓喜に沸いた。しかしこの喜びも、プロジェクトリーダーの川口淳一郎さんにとってはまだ始まりにすぎなかった。彼が掲げていたのは「小惑星サンプルリターン」という、とてつもない計画だったからだ。

 「サンプル」とは、小惑星の砂を採取すること。「リターン」とは、小惑星から再び地球に戻ってくる「往復飛行」のこと。どちらも人類初の試みだった。

 この壮大な計画に挑むのが、エンジンや通信技術、砂の分析の専門家など、総勢80人。「砂の採取」の担当、矢野創さんはイトカワの姿を見て愕然とした。その表面は予想外に起伏が激しく、ゴツゴツした大きな岩がせり出していたのだ。計画では、着地した瞬間に地面に弾丸を撃ち込み、砕け飛んだ砂の粒を採取する予定だった。しかし、そもそも着地ができないのではないかという不安がメンバーの頭をよぎった。

「はやぶさ」に人類初のミッションを託した、プロジェクトチームのリーダー・川口淳一郎さん(写真左)。壮大なミッションの1つである「砂の採取」を担当した矢野創さん(写真右)。

 2005年11月20日。イトカワ着地の日。3億キロ離れた「はやぶさ」には地球から指令が届くのに20分近くかかる。そのため、「はやぶさ」は自分で状況を判断して、着地や砂の採取を行うようにプログラムされていた。地球上で見ることができるのは、20分遅れで届く、高さを示すグラフだけ。

 まもなく着地という時、異変が起きた。グラフは、「はやぶさ」がイトカワの地面よりも下に潜っていく様子を伝えていたのだ。一体、何が起こっているのか。

 「焦るわけですよ。これ見ているのは20分前だと思うと。実際にはもう過去のことですよね。だからひょっとしたらどこかにぶつかっているかもしれない」(川口さん)

 川口さんは砂の採取を諦め、「緊急離脱」の指令を送った。砂を採取するための弾丸を撃ったかどうかすら、分からないままの決断だった。

 この時、実際の「はやぶさ」の状況はこうだった。イトカワに着地を試みたものの、途中でバランスを崩し、落下してしまう。さらに、バウンドを繰り返して、予定していた着地地点から大きくはずれていたのだ。これが、あたかも地面に潜ったかのようなデータの原因だった。「はやぶさ」は機体を地面に何度も打ち付けられた末、30分間、地表にとどまっていた。結局、砂を採取するための弾丸は発射していなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!
最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピーク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

NHK「追跡!AtoZ」取材班

毎回、担当ディレクターが取材内容をもとに執筆、番組内容を再現。
記事の後半では、元社会部記者で「週刊こどもニュース」のお父さん役も務めた番組キャスターの鎌田靖解説委員が、「キャスター日記」として取材を振り返りながら総括する。
◎番組ホームページは、こちら


追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント

政治から犯罪、社会問題まで、読者がいま一番知りたい話題を徹底追跡。その背景に迫ることで、時代を読み解いていく。NHKで放送中の同名ドキュメンタリー番組をウェブ用に再構成してお届けします。

「追跡!AtoZ ~いま一番知りたいテーマを追う!超リアルドキュメント」

⇒バックナンバー一覧