スマートエイジングライフ
若返るカラダの秘訣 池内誠
【第6回】 2016年6月15日
池内 誠 [日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]
著者・コラム紹介バックナンバー

現代病「スマホ首」を予防する簡単ストレッチ

(3)首の側屈

 両手を下げ、肩の力を抜いて、首を真横にゆっくり倒します。耳を肩につけるイメージですが、肩は持ち上がらないように注意してください。更に、首を倒した方の手を頭にかけ、ぐーっと行けるところまでストレッチさせていきましょう。気持ちいいと感じるところで5秒静止し、左右3回ずつ行いましょう。

もし無理がないようならば、手を添えて側屈させるようにしましょう

(4)首の回旋

 いわゆる首回しの体操です。右回し、左回し、それぞれ3回ずつ、首まわりの緊張がほぐれることをイメージしながら、ゆっくりと行います。身体ごと回旋せずに、首だけを回すように、身体の軸を意識し、上から引っ張られているような感覚で、可動域マックスまで回していきましょう。首を回旋すると、胸鎖乳突筋がストレッチされます。

身体の軸を意識して首を回旋させます

 これらのストレッチを行うと、首がバリバリと音を立ちませんか?それだけ首を動かしていない、固まった状態であるということです。首を動かして適度な湾曲に戻すような動きをとらなければ、ストレートネックの原因になります。

 普段首を動かす習慣はあまりないかもしれませんが、張っている筋肉をほぐせば、間違いなく可動域は広がります。そうすることで、ストレートネックは予防可能ですし、改善にもつながります。

 ストレートネックの予防策として、首の前屈、後屈、回旋は日常的に行っていきましょう。仕事の合間に行えば、頭がすっきりして、仕事もはかどるでしょう。

 首の前屈、後屈、側屈、回旋ストレッチは、肩こりにも良いと思います。ぜひ、少しずつから始めてみてください。

(構成/安田有希子、撮影/宇佐見利明)

池内 誠
[日本体育協会公認アスレティックトレーナー、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師]

1969年生まれ。1992年~96年横浜マリノス・アスレティックトレーナー、2004年ベガルタ仙台・アスレティックトレーナー、2006年~現在サッカー日本代表アスレティックトレーナー。整形外科内科に勤務する傍ら、株式会社サミーネットワークス、SmartNews株式会社内の治療室にて、あん摩マッサージ等を行う。

若返るカラダの秘訣 池内誠

40代を超えると肩・首・腰・脚とあらゆるところに不調が現れます。この連載では、現役プロスポーツ選手と一般のビジネスパーソンを今も診ている池内誠さんに、そんな不調の原因を洗い出していただきながら、意外で簡単な解決法を紹介。無理のない“簡単な続けられる方法”で、若返るカラダづくりを目指します。

「若返るカラダの秘訣 池内誠」

⇒バックナンバー一覧