ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

PTA不倫、出会い系も真っ青!の不道徳な実態

秋山謙一郎 [フリージャーナリスト]
2016年6月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「PTAで不倫」とは昔から決して少なくない話なのだが、昨今はさらに開けっぴろげな「軟派系サークル」と化しているPTAも出てきた。果たして水面下ではどんな関係性が繰り広げられているのだろうか。

軟派系サークルのノリで男女交際!
出会いの場と化すPTA

 子どもの学校教育に親が関わる場として機能するPTA。もっとも、活動にそれほど熱心でない親の方が数多く、「PTAの役員にくじ引きで当たってしまった」とがっかりした経験のある人は少なくないだろう。

母親が子どもへの便宜を求めて教師などと不倫する――そんなPTA不倫は昔からあったが、昨今は大学の軟派系サークルや“ヤリサー”のようなノリで男女交際にいそしむ親たちが増えている(写真と本文は関係ありません)

 安倍政権で民間議員に起用されたタレントの菊池桃子氏は今年3月、「1億総活躍国民会議」の席上で「もともと任意活動なのに、すべての者が参加するような雰囲気作りがされている」と問題提起、ワーキングマザーを中心に世の称賛を浴びた。

 教育に熱心で時間もある一部の親たちだけがPTA活動にいそしんでいるのかと思いきや、男女交際の出会いの場としてPTAを「活用」している親たちも少なくないと聞けば、驚くだろうか。

親同士が仲良くなれば学校は荒れない?

 SW、GS、NTR――。あまり耳慣れないこの言葉、それぞれスワッピング(夫婦交換)、グループセックス、寝取られマニアという特殊性癖を意味する略語である。これら特殊性癖愛好家たちにとって、子どもが通う学校のPTA活動は、格好の「出会いの場」だ。大阪府内に住むスワッピング愛好家で歯科医師のナオキさん(48)はその実態を次のように語った。

 「年齢も背景も異なる大人が、普段属しているコミュニティ以外で、誰かと出会う場はそうそうないものです。その点、PTAは『子どもを持つ親』という共通の話題があります。スワッピング仲間を探すには実に好都合です」

 子どもが同じ学年だという夫婦2組と1ヵ月に1度、PTA活動の後、スワッピングでも親交を深めているというナオキさんは、「親同士が仲良くなれば学校は荒れない」と、力を込めて“珍説”を披露してくれた。

 男性のみならず、女性にとってもPTAでの出会いは貴重なようだ。現在、PTA仲間の7歳年上男性と不倫中という小学校5年生男子児童のママでワーキングマザーでもあるケイコさん(42)はこう語る。

 「SNSでは相手がどんな素性の人か分からない怖さが付きまといます。でもPTAなら子どもが通っている学校のご父兄のほか、先生や野球やサッカーなどのコーチたちですから、相手の身元への不安はありません。活動を通してお相手の人柄や性格もわかります」

 これまでもPTA不倫という交際スタイルはあったが、そのイメージは暗いものだった。というのも、リトルリーグやサッカーチームに所属する自分の子どもにレギュラーを取らせるため母親がそこのコーチに体を開く、中学受験をする子どもの内申点を引き上げるために担任や校長などの管理職教員と継続的な関係を持つなど、何がしかの「見返り」を求める関係が多かったからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


JAPAN Another Face

白昼の世界からは窺い知ることのできない、闇の世界や夜の世界。日本社会の「もうひとつの貌」に迫る。

「JAPAN Another Face」

⇒バックナンバー一覧