ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

エコカー補助金打ち切りという
「第2のリーマンショック」到来への警笛
~“安かろう良かろう”の自動車業界が陥った袋小路

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第54回】 2010年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ついに、「エコカー補助金」が打ち切られた。

 約43億円(8月30日)、約42億円(同31日)、約38億円(9月1日)、約31億円(同2日)、約62億円(同3日)。そして8月下旬以降の申請急増でデータ反映が遅れた分が約130億円(同3日)。このように「エコカー補助金」申請受理金額は高い水準で推移してきた。

 その翌週、約116億円(9月6日)、約92億円(同7日)と断末魔のような急激な増加を見せ、この時点で予算残金は約10億円となった。翌日の9月8日分は約74億円となり、予算残高を超えた。「エコカー補助金」の規定により、同日申請分は申請者への公平を期すためにすべて不交付(すなわち無効)となった。

 今年8月中旬頃から、日本の各メディアは上記のような「エコカー補助金のカウントダウン」を派手に報じてきた。結果として、新車の駆け込み需要をあおった。

 この「エコカー補助金」、正式名称を「平成21年度 環境対応車普及促進対策費補助金」という。2009年度補正予算で導入され、実施は2009年6月19日(申請対象は2009年4月10日~2010年3月31日)。しかし自動車業界から経済産業省に対する強い要望などを受けて、半年延長された(経産省では、補助金の原資となる5837億円の予算が底をつくのは9月末頃と想定していた)。

 だが、2010年6月頃になると、自動車業界内では「9月末より前に予算が底をつきそうだ」という観測が広がった。そのため、テレビCMなどでは「エコカー補助金の適用期間内でも、政府予算が無くなり次第終了」と、新車購入予定者に対する予防線が張られた。

 8月に入ると、全国各地の自動車販売現場では「9月末終了が早まることは、ほぼ確実」という認識のもと、自動車メーカー本社は長期休暇中も、ディーラー社員は夏休み返上で最後の追い込みに入った。そうしたなか、ディーラー関係者、さらには新車購入予定者は、「一般社団法人 次世代自動車振興センター」のウエブサイトを日々気にするようになった(同サイトの「環境対応車」分野、さらに進んで「補助金申請状況」をクリックして欲しい。すると、エコカー補助金は9月8日をもって申請受付を終了したこと、9月8日に受理した申請は全て不交付となることが明記されている)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧