HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

JFKも痛みに悩まされた!?
筋・筋膜性疼痛症候群

監修 木村裕明(MPS研究会会長、木村ペインクリニック院長)

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第12回】

筋・筋膜性疼痛症候群(MPS)は、筋肉の異常なけいれんからくる「筋痛症」だ。筋肉のけいれんが引き起こす疼痛としびれは歩けない、座ってもいられないほど激越なもの。このためMPSによる痛みは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と誤診されることが多い。

 営業ひと筋のKさん、51歳。長年、下半身の激痛に悩まされてきた。椎間板ヘルニアを指摘されているが、手術するほどではないという──。

 痛みの原因の多くは筋肉にある。このことはあまり知られていない。米国の故ケネディ大統領が後半生を腰・背中の激痛に耐えて過ごしていたのは有名な話。上院議員時代に脊椎固定術を受けたが、効果はなく逆に術後感染症になる始末。彼を絶望と痛みから解放したのは、適正な診断とトリガーポイントブロックと呼ばれる注射だった。

 JFKに下された診断名は筋・筋膜性疼痛症候群(MPS:myofascial pain syndrome)。要は筋肉の異常なけいれん(スパズム)からくる「筋痛症」だ。筋肉痛?と侮ってはいけない。筋肉のけいれんが引き起こす疼痛としびれは歩けない、座ってもいられないほど激越なもの。このためMPSによる痛みは、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と誤診されることが多い。

 通常、筋肉の損傷は数日~数週間で修復される。しかしその際、冷えや刺激の繰り返し、あるいは心身のストレスで血流が滞ると筋肉が収縮したまま戻らなくなる。できればこの時点で筋肉をほぐしたいがなかなか難しい。やがて収縮した筋肉のなかにコリコリした索状硬結(しこり)が生じてくるのだが、圧迫されると飛び上がるほど痛いばかりか、身体の他の部位に関連痛と呼ばれる痛みが広がることがある。ここを特にトリガーポイント(TP)といい、MPS治療のカギを握る。

1 2 >>
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧