ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
クラウドを経営にどう生かすか

プライベート・クラウド構築で
大幅なコスト削減を実現

事例研究:SGホールディングス

【第4回】 2010年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

佐川急便などを傘下に置くSGホールディングスグループでは、クラウド・コンピューティングを活用したITの構造改革が進行中だ。そのカギはベンダー・ロック・インからの脱却である。すでに新貨物系システムなどが稼働しており、調達や運用のコスト削減などの面で大きな効果を実現。この取り組みをさらに推進して、グループ全体最適のITを目指している。(この記事の内容は、6月30日に開かれた「クラウド・コンピューティング戦略セミナー Part1~成功するクラウド導入のポイント~」で講演されたものです)

ベンダーからユーザー企業に
ITの主導権を取り戻す

 物流業界において、ITの果たす役割は大きい。モノの動きを管理する貨物系システム、顧客への請求などを担う勘定系システムを中心に、多種多様なシステムがそのビジネスを支えている。佐川急便をはじめ13の事業会社を抱えるSGホールディングス(SGH)グループにとって、IT戦略は経営戦略そのものと言っても過言ではない。

SGホールディングス 経営戦略部 IT戦略課長 三原 渉氏

 SGHグループがIT構造の見直しに着手したのは、2005年ごろ。以前のITが抱えていた課題について、SGH経営戦略部IT戦略課長の三原渉氏はこう説明する。

 「ひと言で言えば、ベンダー・ロック・イン。ベンダーが個別に各事業会社または事業部門にアプローチし、受注していました。グループ内には264のシステムがあり、各システムがITベンダーに依存した状態でした」

 各システムには、ITベンダーの独自技術がさまざまなかたちで盛り込まれており、ちょっとしたトラブルの発生時、あるいはシステム拡張が必要な時には、特定のITベンダーに依頼せざるをえない。その結果、高コスト構造が温存され、ITガバナンスも不十分だった。

 このようなITの現状を変革して、主導権をユーザー企業側に奪還する。それが三原氏たちの目指したことである。その方針は「集中と分散」。三原氏は「グループITの集約による効率化、その一方では各事業会社の独立性と機動性が確保できるIT構造を描きました」と語る。

 こうして、グループ全体最適を目指して、05年に「F-CUBE」プロジェクトがスタートした。

IAサーバに移行した
新貨物系システムの成果

 F-CUBEの中核的なプロジェクトが、新貨物系システムの構築である。メインフレームで動いていた従来のシステムはベンダーにロック・インされており、拡張や運用のためのコストがいちいち割高だった。これをオープン化し、低価格のIAサーバに切り替えたのである。

 「以前はメインフレームで行っていた膨大な処理を、汎用的なサーバを多数並べて代替しました。そのためのキー・テクノロジーがグリッド技術です」と三原氏は語る。グリッドとは、複数台のコンピュータを1台のように扱う技術。この新貨物システムにより、大幅にコストを削減できたと三原氏は言う。

 「旧システムの時代、年末の繁忙期には毎年のように数十億円規模のハードウエア投資が必要でした。新システムが稼働してからは、IAサーバを数台追加するだけなので数百万円。サーバの追加も非常に簡単で、1時間程度ですみました」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


クラウドを経営にどう生かすか

企業のおけるITの新たな活用法として一躍脚光を集めている「クラウド」。コスト削減効果や、高価なソフトウエアの部分・一時期利用が可能など、そのメリットが喧伝されていますが、導入に際しての注意点も当然あるはず。各ベンダーのサービス内容や、成功事例などを通して、経営の視点から見たクラウド活用法を紹介します。

「クラウドを経営にどう生かすか」

⇒バックナンバー一覧