ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力
【第4回】 2016年7月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
山梨 広一

「仕事を抱え込む人」は成果が上がらない!できる人はすぐに他人を活用する

1
nextpage

努力には「いい努力」と「そうでない努力」がある。では、その「ちがい」とは何か?最高の成果が得られる「いい努力」をするための考え方、動き方とは?何がせっかくの努力をただの「時間のムダ」に変えてしまうのか?
世界最高のコンサルティングファームのトップコンサルタントとして得た豊富な経験から生み出した、生産性が劇的に上がる「仕事の方法」について、話題の新刊『マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力』から紹介する。

なぜ自分の仕事を隠し、抱え込むのか?

 私たちはひとつ仮説をつくると、どうしてもそれに捕らわれ、自分の判断にこだわってしまいがちだということを意識しておいたほうがいい。

 ひとつの仮説にこだわる理由その1は、「思いがこもってしまうから」だ。それが正式な会議だろうと部内のミーティングだろうと、「これが私の判断です」と表明したものを否定されると、自分が否定されたような気持ちになる。

 自分が飼っているペットのことを「世界でいちばんかわいい」と思ってしまうのと同じで、人は一生懸命に手をかけている対象を愛しく思ってしまうところがある。

 これは別に悪いことではない。自分の判断に思い入れがあったほうが、実行するときに情熱をこめられる。だが、再三述べているとおり仮説はあくまでも仮説であり、検証して精度を高めなくてはならない。

 仮説にこだわってしまう理由その2は、「1からつくり直すのが面倒だから」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  報連相
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR



マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力

努力には「いい努力」と「そうでない努力」がある。では、その「ちがい」とは何か? 最高の成果が得られる「いい努力」をするための考え方、動き方とは? あるいは、何がせっかくの「努力」をただの時間のムダに変えてしまうのか?
世界最高のコンサルティングファームのトップコンサルタントとして得た豊富な経験から生み出した、生産性が劇的に上がる「仕事の方法」。

「マッキンゼーで25年にわたって膨大な仕事をしてわかった いい努力」

⇒バックナンバー一覧