ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オヤジの幸福論

マイナス金利が個人の資産運用に与えるインパクト

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]
【第55回】 2016年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回は、老後破産を回避するために、来年改正される確定拠出年金(以下、DC)をフル活用しようというお話をしました。活用するといっても、忙しいオヤジ世代自らが資産運用について自分自身で勉強し、意思決定し、そして実践するのはそうたやすいことではありません。そこでDC導入企業が、従業員が安心して老後資産の形成を任せられる投資信託を「デフォルト商品(企業型DCの加入者が運用商品を何も選ばないときに自動的に選択される運用商品)」として設定することで、彼らの資産形成をサポートする動きが今後増えてくると思われます。

 DC先進国のアメリカでは、「デフォルト商品」としてライフステージを意識して運用する「ターゲット・イヤー型ファンド」という、ある意味で資産運用会社にフルでお任せするファンドが広く普及しており、日本でも今般の法改正をにらんで、同様の動きが見られ始めています。一方で、アメリカと異なり、資産運用会社の知名度や社会的地位が確立していない日本においては、まだ資産運用会社に資産運用をフルでお任せすることに抵抗感を持つ人も多いでしょう。

 そこで今回は、このマイナス金利の環境において、自分自身で資産運用を実践する際の留意点について、まとめたいと思います。

投資対象すべてで期待リターンが低下

 2016年1月にマイナス金利政策が導入され、預貯金はもちろんのこと、他の資産の期待リターン(将来見込めるリターン)も下がってきています。日本国債の場合、マイナス金利の導入以降、長期金利も下がってしまったため、長期国債の期待リターンはかなり低くなっています。実際、2016年5月末時点では期間15年を超えると債券の利回りはプラスになりますが、それ未満はマイナスの利回りとなっています。これは債券を購入して償還まで持ち切ると損失が出ることを意味しているため、債券の魅力は大きく低下していると言えます。

 でも、影響があるのは債券だけではありません。株式などのリスク資産の期待リターンも下がっているのです。株式などのリスク資産の期待リターンは、一般的に長期国債(短期国債の場合もある)よりも高いリスクを取ったことで、どれだけ高いリターンが得られるかを表す「株式リスク・プレミアム」を、長期国債の利回りに加えることで算出されます。仮に「株式リスク・プレミアム」水準が同じなら、長期国債の利回りが下がれば、当然、株式の期待リターンも下がることになります。他のリスク資産も同様なので、マイナス金利政策の導入は、資産運用全体の期待リターンの低下につながっていると言っても過言ではないのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

後藤順一郎 [アライアンス・バーンスタイン株式会社 AB未来総研 所長]

慶應義塾大学理工学部 非常勤講師。1997年慶應義塾大学理工学部管理工学科卒業。97年株式会社富士銀行(現 株式会社みずほ銀行)にて、法人向け融資業務に従事。2000年みずほ総合研究所に勤務し、主として企業年金向けの資産運用/年金制度設計コンサルティングに従事。06年一橋大学大学院国際企業戦略研究科にてMBA取得。同年4月アライアンス・バーンスタイン株式会社に入社。共著書に「企業年金の資産運用ハンドブック」(日本法令 2000年)、「年金基金の資産運用-最新の手法と課題のガイドブック-」(東洋経済新報社 2004年)などがある。

 


オヤジの幸福論

年金支給が70歳支給になるかもしれない。公的年金ばかりか企業年金も怪しくなっている。銀行の金利も微々たるもの。平均寿命が延びるほどに老後が不安になってくる。自分で自分を守るためにどうしたらいいのか。オヤジの幸福のために自分年金について教えます。

「オヤジの幸福論」

⇒バックナンバー一覧