ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

尖閣事件発生から1ヵ月、中国メディアの論調と上海市民の反応

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第60回】 2010年10月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 尖閣諸島沖でのこの一件がもたらしたのは「新時代の中国リスク」といえるだろう。日本のみならず周辺のアジア諸国、そしてアメリカまでもが、強大になった中国を認めざるを得ない現実を突きつけられた。日中の力関係の逆転が露呈した今、日本、あるいは日本人は中国とどう向き合うべきなのか。そのヒントを探るべく、事件から1ヵ月、もう一度中国国内での報道や論調を振り返ってみよう。

5度にわたる大使呼び出しも
民主党に意図は伝わらなかった!?

 9月7日に起きた尖閣諸島沖で中国漁船との接触事件とそれ以降の動きを下表に整理したのでご覧いただきたい。満州事変勃発(柳条湖事件)の79周年を迎える9月18日までに、外交部は合計5回、駐中国大使丹羽宇一郎大使を呼び、会見の場を持った(下表(1)~(5))。そこで中国側が日本に対し、「賢明な政治判断」を促してきた経緯が見て取れる。

 事件が起きてから3日後の10日には3回目の呼び出しを行っているが、期待通りの展開は引き出せず、中国政府は東シナ海ガス田開発の条約締結交渉を延期させるという初めての対抗措置を講じた。中国側にあったのは「ことを長期化させたくない」という意図のようだが、果たしてこれを丹羽大使はどう読んだのか。またこの頃、民主党の代表選挙のため、日本政府内は政治的空白期間だったことにも留意しておく必要があるだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧