経営 X 人事
なぜ職場で人が育たなくなったのか
【第17回】 2010年10月12日
著者・コラム紹介 バックナンバー
間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

就活スタートを3年の秋から4年の夏に――商社業界の問題提起で、優秀な人材が採用できるようになるか?

日経新聞が報じた「採用活動を4年生の夏以降に」という商社業界の問題提起が、企業、大学、学生に大きなインパクトを与えています。日本経団連が定める「倫理憲章」では、企業に対して「4年生になるまで面接など選考活動を実施しないこと」を求めています。しかしながら実態は、会社説明会などを通して、ほぼ選考に等しい学生への接触を図っており、4月に入るとすぐに内々定が出ています。学業に集中すべき3年から4年の時期を、就職活動に費やす今の学生。商社の問題提起は、学生にしっかり学ばせ、人材の能力アップを図ろうという考えのようです。

短期集中の
「採用=就職活動」に変わるのか?

 10月に入り、大学3年生の就職活動はいよいよ本格化していきます。リクナビ、マイナビ、ダイヤモンド就活ナビなど、いわゆる就職情報サイトがいっせいにオープンし、大学生が登録を始めています。

 また、大学は10月、11月と企業の人事担当者を招いた「就職説明会」を数多く開催します。

 私も10月2日に、都内のある私大で就職セミナーの講師を務めました。気の早いことにスーツ姿の学生もちらほら混じった教室は、200人を超える参加者があり、立ち見も出る大盛況。就職難で、学生の危機意識が高いことが見てとれました。

 そんな大学3年生秋の風物詩が、もしかするとなくなるかもしれません。商社の業界団体である日本貿易会が、2013年春に入社する大学新卒者から、採用活動時期を4年生の夏以降に遅らせる方針を固めたからです。

 貿易会では、日本経団連に倫理憲章の見直しを要請するということで、影響力の大きい業界ですから、これがルール化されて産業界が足並みをそろえる可能性は十分にあると思われます。

 大学3年生の秋からスタートして、年末から会社説明会が本格化。3月まで会社訪問、OB訪問などにフル活動し、多くがゴールデンウィーク前後までに内々定を獲得するというのが、いまの就職活動の一般的なスケジュールです。

経営 X 人事 特集TOPに戻る

 

 

間杉俊彦 [ダイヤモンド社 人材開発編集部副部長]

1961年、東京都生まれ。1986年 、早稲田大学第一文学部文芸専修卒業、ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属され、以後、記者として流通、家電、化学・医薬品、運輸サービスなどの各業界を担当。2000年 週刊ダイヤモンド副編集長。2006年 人材開発編集部副部長。著書に『だから若手が辞めていく』(ダイヤモンド社刊)

 


なぜ職場で人が育たなくなったのか

「なぜ職場で人が育たなくなったか」をテーマに、その背景と要因を考える。そして研究者や識者の知恵を借りながら、「職場で人が育つ方法」を提示していく。

「なぜ職場で人が育たなくなったのか」

⇒バックナンバー一覧