ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グローバル仕事人のコミュ力 澤円

プレゼンは話術だけ磨いても絶対上手くならない

澤 円 [日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター センター長]
【第2回】 2016年7月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

いいプレゼン、残念なプレゼンの違い

あなたのプレゼン、いいプレゼン?それとも残念なプレゼン?

 みなさんこんにちは、澤です。前回に引き続き、プレゼンテーションをテーマにお話ししたいと思います。

 さて、皆さんにとってプレゼンテーションとは何でしょうか?

 別に禅問答をしたいわけではないのですが、「プレゼンテーションとは何か」を突き詰めて考えたことがある方は、それほど多くないのではないかと思います。

 「ステージや会議室で発表すること」
 「何かしらの事柄を説明すること」
 「大人数を前に話すこと」

 なんとなく、このようなイメージでとらえている方が多いのではないでしょうか。もちろん、上記のいずれもプレゼンテーションに関する情報として間違いはありません。

 そして、この記事の読者の皆さんは、今まで何らかの形でプレゼンテーションを聴いたことがあるのではないかと思います。

 いくつか聴いたプレゼンテーションをざっくりと「いいプレゼンテーション」と「残念なプレゼンテーション」に分けた場合、それぞれどのような特徴があるのでしょう?

 いいプレゼンテーションを聴いているときに感じることは、主に下記のようなものではないかと思います。

・何かを始めたくなる
・何かを変えたくなる
・何か悪い習慣をやめたくなる
・誰かに会いたくなる
・誰かに伝えたくなる

 また、残念なプレゼンテーションを聴いている最中の心理状態は以下のようなものではないでしょうか。

・帰りたくなる
・眠たくなる
・別のことがしたくなる
・ほかのことが気になる
・怒り出したくなる

 プレゼンテーションという、「人が言葉を使って伝える」という行動が同じでも、心理状態はここまで変わってくることになります。プレゼンテーションは、相手の時間を費やしてもらう行為です。プレゼンターは、その時間に対して責任を持たなくてはなりません。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

澤 円 [日本マイクロソフト マイクロソフトテクノロジーセンター センター長]

立教大学経済学部卒。生命保険のIT子会社勤務を経て、1997年、マイクロソフト(現日本マイクロソフト)に転職。情報共有系コンサルタントを経てプリセールスSEへ。競合対策専門営業チームマネージャ、ポータル&コラボレーショングループマネージャ、クラウドプラットフォーム営業本部本部長などを歴任。2011年7月、マイクロソフトテクノロジーセンター センター長に就任。著書に「外資系エリートのシンプルな伝え方」がある。Twitter:Madoka Sawa (@madoka510)

 


グローバル仕事人のコミュ力 澤円

グローバル化が進む現代において、ますます必須になるコミュニケーション力。グローバルに活躍できる人は、どう“コミュ力”を磨いているのでしょうか。マイクロソフトテクノロジーセンターのセンター長として、エグゼクティブお向けに、さまざまなプレゼンテーションを行い、同社でトッププレゼンターの地位を確立している澤円さんが、そのスキル・知見を出し惜しみなく紹介します。

「グローバル仕事人のコミュ力 澤円」

⇒バックナンバー一覧