ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大混迷 2009年の政治経済

竹中平蔵 慶応大学教授
「日本は三権分立を取り戻せ」

チーム・ポリシーウォッチ
【第9回】 2009年2月9日
著者・コラム紹介バックナンバー

政策提言集団、ポリシーウォッチによる緊急討論会「大混迷2009年の政治経済の行方」の模様を引き続き動画にてお伝えする。第9回は、竹中平蔵・慶応大学教授。日本では行政・立法・司法が利益の棲み分けをしているため、チェック機能が働かないと警鐘を鳴らす。

竹中平蔵(慶応大学教授・グローバルセキュリティ研究所長)
1951年和歌山県和歌山市生まれ。一橋大学経済学部卒。日本開発銀行などを経て慶大教授に就任。2001年小泉内閣で経済財政政策担当大臣。02年経済財政政策担当大臣を兼務。04年参議院議員当選。05年総務大臣・郵政民営化担当大臣。

この動画は、チーム・ポリシーウォッチ提供によるものです。

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

チーム・ポリシーウォッチ

チーム・ポリシーウォッチは、既得権益とは無縁な経済政策に関する専門家集団。ウェブを通じて、官僚主導の現在の経済政策に対し問題提起を行なっている。ウェブサイト「ポリシーウォッチ」では、動画で有識者達が世の中の論点を動画やテキストで解説。ポリシーウォッチ(http://policywatch.jp/)


大混迷 2009年の政治経済

竹中平蔵氏が率いる政策提言集団「ポリシーウォッチ」が1月5日に開催した緊急討論会「大混迷2009年の政治経済の行方」の模様を動画形式でお伝えする。

「大混迷 2009年の政治経済」

⇒バックナンバー一覧