ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ビジネススキル大全
【第12回】 2016年8月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
藤井 孝一

3分でわかる部下の管理!小まめにコミュニケーションをとり部下の成果をあげる

1
nextpage

上司と部下との関係で困っているという話はよく聞きます。双方に言い分はあるのでしょうが、たった1分でいいので、3つの時間をとれば、部下たちは見違えるようになります。
思考法から発想術、文章術、読書術、プレゼン術、図解術、交渉術、成功哲学まで、本当に使える仕事術を1冊に凝縮した新刊『ビジネススキル大全――2時間で学ぶ「成果を生み出す」全技術』より抜粋し、紹介していきます。

部下が期待外れだと思っていませんか?

 部下を上手にマネジメントできたらどんなにいいでしょう。しかも、指示を出す時間が短時間で済んだらなおのこといいですよね。

 毎日、部下たちはイキイキと働き、ドンドン結果を出していき、必要なスキルも部下が自主的に学び、上司を追い越す勢いで成長していきます。いつのまにか、精鋭部隊が出来上がり、どんなに困難な仕事でもチームで乗り越えていくのです。

 苦しいことがあっても部下たちは誰も逃げ出しません。むしろ、苦難に喜んで立ち向かうのです。そして、1つのプロジェクトをやり終えたとき、部下も上司も一緒になって抱き合い、涙を流す、そんなチームができたら最高ですよね。

 しかし、現実は、そう簡単ではありません。

 多くの会社で上司は「部下が期待外れだ」と言っています。そして、部下は「上司に評価されていない」と思っています。つまり、双方の期待が伝わっていないのです。

コミュニケーションを密にとっていたら回避できた問題

 こんな話があります。ある教育会社でのことです。その会社は、同業他社で実績をあげた優秀な人物をヘッドハンティングし、役員として採用しました。そして、1つの事業部を任せたのです。

 しかし、しばらくたって本人が不満を漏らすようになります。「事業部の業績を上げたのに、ちっとも評価されない」という不満です。一方、経営者は「私の後継者として採用したのに、事業部のことしか考えられない、視野の狭い奴だ」と評価していました。

 結局、彼は解任されたのです。

 双方がもう少しコミュニケーションを密にとっていたら回避できた問題です。

 こうした問題が、多くの職場で頻発しているのではないでしょうか。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR



ビジネススキル大全

一般的な仕事のやり方、たとえば思考法や文章の書き方、プレゼンテーションの仕方など、日常の仕事を支えるベースとなるようなスキルを、この先も基本となる古典的書籍から、「これは」というものを抽出して解説したのが、新刊『ビジネススキル大全』です。単にスキルの概略を列挙したものではなく、ポイントは「ビジネスパーソン必修のスキルが一気に学べる」ところ。今後働く業界や会社が変わっても通用する、持ち運びできるスキルを紹介します。

「ビジネススキル大全」

⇒バックナンバー一覧