ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新版 ひとり社長の経理の基本
【第4回】 2016年8月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

「現金を使わない」裏ワザ会計術
ひとり社長に特にオススメ!

経理上、「現金」は扱いが難しいものです。かといって、現金を使わないわけにはいきません。ではどうすればいいのでしょうか?

「経費」から「決算」まで、必要な知識が全部わかると評判の『新版 ひとり社長の経理の基本』の発行を記念して、とっておきの会計術を語ってもらおう。

「現金を使わない」とは、
どういうことなのか?

 経理上、「現金」は非常に難易度が高いと言えます。

 預金なら通帳またはネットバンクに記録が残り、残高も把握できますが、現金は、1000円札が何枚、100円玉が何枚と数えないと残高がわかりません。社長の財布から出した現金が、会社のものか個人のものかの区別も難しいです。

 そのため、「現金を使うな」「キャッシュレス」と言われますが、実際にはそうもいきません。現金で支払わざるを得ないときも多いでしょう。また、会社の現金と個人の現金を分けるのが理想ですが、なかなかそうもいきません。

 そこでオススメしたいのは、現金勘定を使わないこと。現金で支払ったものは、すべて社長が立て替えたという処理をします。

 会社から見ると、社長から借りている、つまり社長借入金と処理するのです(「役員借入金」「短期借入金」でもかまいません)。

 例えば、仕事で使う本を1500円の現金で買ったときのことを考えてみましょう。この場合は、会社の「社長借入金」を1500円増やす形になります。

 個人名義のクレジットカード、Suica等、個人名義の口座からの振り込みなどをすべて社長借入金で処理できます。

 もちろん、社長借入金は実際の残高を確認できませんので、忘れず正確に入力する必要がありますが、現金残高を合わせる、現金残高がマイナスになるといったストレスからは解放されます。

 一定の金額が貯まれば、会社名義の口座から、個人名義の口座へ振り込みます。

 または定期的に定額(例えば10万円)を振り込んでもかまいません。会計ソフトには「社長借入金」という科目がないので、作成しておきましょう。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


新版 ひとり社長の経理の基本

「経費の落とし方」から「決算・申告」までわかると話題を呼び、
発売3日で大重版が決まった『ひとり社長の経理の基本』が新版化されました!
マイナンバー、ふるさと納税、クラウド会計ソフト、地方法人特別税などの
新トピックスを盛り込み、ひとり社長にとって、一番ラクでおトクな方法をご紹介します!

「新版 ひとり社長の経理の基本」

⇒バックナンバー一覧