ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新版 ひとり社長の経理の基本
【第2回】 2016年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

社長!簿記検定は受けなくてもいいんです。
必要な知識は「これ」だけ!

1
nextpage

「社長だし、簿記検定を受けたほうがいいのかな」。このような悩みを持つ経営者の方は意外に多くいらっしゃいます。

ところが、「社長に簿記検定はいらない」と断言するのは税理士の井ノ上陽一氏。

「経費」から「決算」まで、必要な知識が全部わかると評判の『新版 ひとり社長の経理の基本』の発行を記念して、「社長と簿記検定」の関係を語ってもらおう。

これが、
簿記検定の「使えない」問題

 「勉強して、簿記検定を受けたほうがいいのでしょうか」

 こうした質問をよく受けます。結論としては「社長は簿記検定を受ける必要はありません」になります。実際私は、お客さまに「簿記検定をとって下さい」と言ったことはありません。

 もちろん、勉強して知識を身につけ、検定を受けるにこしたことはありません。しかし、もっと知るべきことはありますし、簿記検定にはムダな知識も多いのです。

簿記検定は、「あらゆる会社のあらゆる取引」を勉強しなければいけません。つまり、社長にとって必要のないことも多いのです。

 知識として仕入れるには最適ですが、「実際に使えるか」「会社の数字が読めるようになるか」というと必ずしもそうではありません。

 例えば、簿記検定では次のような問題が出ます。

(1)現金5万円を当座預金に預け入れた
⇒当座預金を使っていない会社の社長には必要ありません

(2)東京商店から商品10万円を仕入れ、その代金のうち半分は小切手を振り出して支払い、残りは来月末に支払うこととした
⇒仕入がない会社、小切手を使っていない会社には必要ありません。そもそも東京商店という架空の会社の事例を出されてもピンとこないでしょう

(3)大阪商店へ商品30万円を売り上げ、代金のうち10万円は同店振り出しの約束手形を受けとり、残りは来月末に約束手形で受けとることとした
⇒手形を使っていない会社には必要ありません。今や手形を使う会社はどんどん減っていますが、簿記検定の勉強としてはやらざるを得ないのです

 「数字を読み、経営に活かす」という意味では、自分の会社の数字が一番勉強になります。

 ここまで「簿記検定を受ける必要はありません」とお伝えしてきましたが、たった1つ、おさえておいていただきたいことがあります。会社の取引は、2つの側面から表現できるということです。ポイントを絞って、お伝えします。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


新版 ひとり社長の経理の基本

「経費の落とし方」から「決算・申告」までわかると話題を呼び、
発売3日で大重版が決まった『ひとり社長の経理の基本』が新版化されました!
マイナンバー、ふるさと納税、クラウド会計ソフト、地方法人特別税などの
新トピックスを盛り込み、ひとり社長にとって、一番ラクでおトクな方法をご紹介します!

「新版 ひとり社長の経理の基本」

⇒バックナンバー一覧