ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新版 ひとり社長の経理の基本
【第5回】 2016年8月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

ひとり社長のマイナンバー、
やることは「これ」だけ!

1
nextpage

「マイナンバーって、結局何をやればいいの?」。そんな疑問をお持ちの社長も多いのではないでしょうか。

「やるのはこれだけ!」とポイントを絞って解説します。

「経費」から「決算」まで、必要な知識が全部わかると評判の『新版 ひとり社長の経理の基本』の発行を記念して、「社長とマイナンバー」を語ってもらおう。

ひとり社長のマイナンバー業務は、
次の6つ!

 社員を雇わず、ひとりで仕事をする「ひとり社長」に想定されるマイナンバー関連の業務は、次のとおりです。

(1)2016年の源泉徴収票に使う
 2016年(平成28年)の源泉徴収票には、マイナンバー(法人番号と個人番号)が必要です。自分だけではなく、扶養親族のマイナンバーも必要となります。早めに確認しておきましょう。

 ただし、自分用の源泉徴収票にはマイナンバーを記載しないことになっています。しかし税務署提出用の源泉徴収票にはマイナンバーを記載しなければいけません。法定調書として、毎年1月末までに前年の法定調書を提出する必要があります。法定調書とは、主に次の3つを指します。

・「源泉徴収票」(自分への給料)
・「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」(報酬や外注費を個人に払った場合)
・「不動産の使用料等の支払調書」(不動産の賃料を個人に払った場合など)

 そして、次のように一定の金額を超えたものは税務署に提出しなければいけません。

・源泉徴収票⇒原則として、役員なら年間150万円超の給料
・報酬の支払調書⇒税理士等への報酬、講演料・原稿料なら年間5万円超
・不動産の支払調書⇒個人なら年間15万円超の家賃、法人なら権利金・更新料を払った場合

 さらにこれらをまとめた「法定調書合計表」も提出します。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

    「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
    大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
    「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
    業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
    現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
    税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


    新版 ひとり社長の経理の基本

    「経費の落とし方」から「決算・申告」までわかると話題を呼び、
    発売3日で大重版が決まった『ひとり社長の経理の基本』が新版化されました!
    マイナンバー、ふるさと納税、クラウド会計ソフト、地方法人特別税などの
    新トピックスを盛り込み、ひとり社長にとって、一番ラクでおトクな方法をご紹介します!

    「新版 ひとり社長の経理の基本」

    ⇒バックナンバー一覧