ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

不動産は買うか、借りるか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第150回】 2010年10月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ある日、筆者の自宅にカタカナ社名の不動産業者の男性2人が訪ねてきた。筆者は都内の賃貸マンションに住んでいる。以下、話を簡単にするために、月額家賃を25万円、年間で300万円としよう。

 業者は以前の家主から筆者が住むマンションを購入した。もっぱら中古のマンションを買って、リフォームして販売するビジネスを手がけているらしい。

 先方は「次の契約更新は難しくなります」と話を切り出したが、「当面この家賃なら不満はないので、しばらく住んでいたい」と答えたら、部下らしき男性が「住宅購入のメリットについて」と題した「ご提案」資料を広げて説明し始めた。賃借人が居住物件を買うメリットをいくつか挙げている。

 第1に「家族の安心」だという。将来、家の稼ぎ手が稼げなくなった場合でも慣れた家に住み続けられるし、万一亡くなった場合には、団体信用生命保険がローンを返済するので家族が安心だという。

 「ああ、これがあるから、世の奥様族は、旦那に家を買わせたがるのですね。買ってしまえば、旦那がどうなっても、家は自分のものになるし」と言うと、妻は隣でにっこり笑っていた。

 第2のメリットは、賃貸住宅に住んでいると、払ったおカネが「すべて他人のおカネに」なる損が避けられるということだった。資料でも、「賃貸住宅のロスを知ってください」「ローンが終わるとすべて自分の財産に」とある。

 「ここは、家を買いたい人が最後にすがる点ですね。でも、私の場合は、家賃の支払いと家の価格の関係が問題なので、家賃を損だとは思っていません」と答えた。
上司は事態に気づいたようだったが、部下の男性はまだメリットを説明する(部下はツライ!)。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧