ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
新版 ひとり社長の経理の基本
【第8回】 2016年8月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

面倒な請求書作りとさようなら!
簡単でラクな発行方法とは?

「めんどくさい」「時間がない」と、請求書の発行にストレスを感じているひとり社長も多いのではないでしょうか?

簡単でラクな発行方法をご紹介します。

「経費」から「決算」まで、必要な知識が全部わかると評判の『新版 ひとり社長の経理の基本』の発行を記念して、税理士の井ノ上陽一氏に教えてもらいましょう。

請求書の発行には、手間がかかる。
ではどうすれば?

 経理上、重要な証拠である請求書を発行するには、非常に手間がかかります。

 作業的には、「請求書を入力して、印刷して、封入して、切手を貼って、投函する」必要があるのです。

 これを社長がすべてやっていては、非常に大きな時間のロスと言えるでしょう。

 そこでご紹介したいのがwebサービスのMisocaです
(https://www.misoca.jp/)

ネット上で必要事項を入力すれば、印刷、封入、郵送まで自動でやってくれます。月額利用料は0円で、1通送るのに、郵送料として180円かかります。しかし、手間を考えれば安いと言えるのではないでしょうか。他にも、

・定期的な請求書を自動で作成可能
・Excel(CSV)から一括して請求書を作成可能
・スマホアプリでも請求書を作成可能
・カード決済に対応
・回収保証サービスにも対応

 こうした特徴があります。請求書の発行にストレスを感じている方は、ぜひ試してみて下さい。

スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


新版 ひとり社長の経理の基本

「経費の落とし方」から「決算・申告」までわかると話題を呼び、
発売3日で大重版が決まった『ひとり社長の経理の基本』が新版化されました!
マイナンバー、ふるさと納税、クラウド会計ソフト、地方法人特別税などの
新トピックスを盛り込み、ひとり社長にとって、一番ラクでおトクな方法をご紹介します!

「新版 ひとり社長の経理の基本」

⇒バックナンバー一覧