ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
長谷川理恵「朝リーディング」
2010年10月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
長谷川理恵

長谷川理恵 Special Interview
「朝、一日の始まりにビジネス書を読む“儀式”は、
走ることと同じくらい大切な元気の源なんです」
~『朝リーディング』(ダイヤモンド社)出版連動企画

1
nextpage

20代からモデルとして成功し、その後も長距離走や野菜ソムリエなど、次々と新しい自分を発見し、新しい自分を構築していく長谷川理恵。彼女の変化と成長を支えたのは年間300冊を読破する朝の読書の習慣だった。単なるタレント本ではなく彼女の生き方本とも言える『朝リーディング』(ダイヤモンド社)の出版のいきさつ、そして多くの人の読書観を変えそうな有益な中身についての独占インタビュー。全4回のうち後編3回は、先日、東京・丸善丸の内本店で行われたトークショーの模様を再録する。
(インタビュー/森 綾)

はせがわ りえ
1973年12月1日生まれ、神奈川県出身、A型、身長170cm。趣味はランニングと料理とサーフィン。3歳から7歳までの5年間を、父の仕事の関係でベルギーですごす。高校の3年間は、イギリスにある英国暁星国際学園で寮生活。卒業と同時に日本へ帰国。実践女子大学に入学する。1年生の秋、慶応大学の学園祭に遊びに行ったときに、スカウトされる。1993年、小学館『Can Cam』11月号に、読者モデルとして初登場。以来、『oggi』などファッション誌の人気モデルとして活躍中。また、2000年からはホノルルマラソンに参加、以来、数々の大会に出場している。オフィシャルサイトは「RieStyle」、オフィシャルブログは「リエゴト」

朝なら小説より
断然ビジネス書を

――『朝リーディング』という本が出たきっかけは『レバレッジ仕事術』などのビジネス本のベストセラー作家としても知られるコンサルタントの本田直之さんと出会われたことだったそうですね。

 はい。去年、LAでトークショーに出演する機会がありまして、そこで本田直之さんと初めてお会いしたんです。

 ご本人の著書を含め、私がビジネス書ばかり読んでいるという話をしたら「それは意外性があって面白いから本にしよう」とおっしゃって。去年の終りから現実的な話になっていきました。

――確かに長谷川理恵さんとビジネス書の組み合わせは意外です。それも朝の読書を10年間続けられてきた、と。

 もともと、本を読むのはそんなに好きではないんです。

 自分の心身のコンディションを整えたり、自分のためになるような内容の本じゃないと、読んでも時間の無駄に思えてくる。小説にもきっと生きていく上でのヒントが詰まっているとは思うんですが、たとえば仕事で成功した人の本のようにすぐに実践できるものではないですよね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、4/9~4/15)



長谷川理恵

1973年12月1日生まれ、神奈川県出身、A型、身長170cm。趣味はランニングと料理とサーフィン。3歳から7歳までの5年間を、父の仕事の関係でベルギーですごす。高校の3年間は、イギリスにある英国暁星国際学園で寮生活。卒業と同時に日本へ帰国。実践女子大学に入学する。1年生の秋、慶応大学の学園祭に遊びに行ったときに、スカウトされる。1993年、小学館『Can Cam』11月号に、読者モデルとして初登場。以来、『oggi』などファッション誌の人気モデルとして活躍中。また、2000年からはホノルルマラソンに参加、以来、数々の大会に出場している。オフィシャルサイトは「RieStyle」、オフィシャルブログは「リエゴト」。

 


長谷川理恵「朝リーディング」

長谷川理恵『朝リーディング 心をととのえるための、本の読み方・使い方』(ダイヤモンド社刊)出版連動企画。ビジネス書を毎朝、1年間で300冊読破する方法とは?

「長谷川理恵「朝リーディング」」

⇒バックナンバー一覧