ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中秀征 政権ウォッチ

衆院補選の最大敗因は「政治とカネ」なのか?
これからの菅首相は“進むも地獄、退くも地獄”だ

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]
【第55回】 2010年10月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

民主党の補選敗北は、
菅政権支持率低下の一里塚

 注目された衆院北海道5区補欠選挙は、自民党の町村信孝元外相が、約3万票差で民主党新人の中前茂之氏を振り切って圧勝した。

 民主党の敗因については、自民、民主の両党はじめ報道機関も総じて「政治とカネ」にあるとしている。

 果たしてそうだろうか。

 輿石東民主党参院議員会長は、ちょっと違う見方をしている。

 「菅内閣発足以来の実績が問われているのは確かだ」

 民主党の渡邉周選対委員長も、「『政治とカネ』の問題も敗北の要因の中に当然ある」としつつも、「政権交代の成果をしっかり見せていかなければならない」とつけ加えている。

 私は今回の補選結果を、菅直人政権の支持率低下傾向の一里塚と見ている。すなわち、政権の支持率低下の傾向が、補選によって顕在化したに過ぎない。

 確かに『政治とカネ』は無視できない敗因だが、基本的には輿石氏の指摘が正しいと思っている。

自民、民主共にハンディを抱えた選挙戦
投票率は前回より20%以上も低下

 今回の補選では、自民、民主両陣営が共に不利な要素を抱えていた。

 町村氏側は、良くも悪くも彼が自民党の古い体質を象徴する人と見られていたこと。加えて、前回総選挙で比例区当選を果たしているのに、あえて辞職して立候補した。法的に許されるとしても、もうひとつしっくりいかないものがある。

 民主党の中前候補の側を見ると、そもそも補欠選挙を施行しなければならなくなった原因が民主党にあったことは軽視できない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中秀征 [元経済企画庁長官、福山大学客員教授]

1940年長野県生まれ。東京大学文学部、北海道大学法学部卒業。
83年、衆議院議員初当選。93年6月、新党さきがけ結成、代表代行。
細川政権発足時、首相特別補佐。第一次橋本内閣、経済企画庁長官。
現在、福山大学客員教授、「民権塾」塾長。


田中秀征 政権ウォッチ

かつて首相特別補佐として細川政権を支えた田中秀征が、期待と不安に溢れた現政権の動向を鋭く斬り込む週刊コラム。刻一刻と動く政局をウォッチしていく。

「田中秀征 政権ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧