ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

楽天カードが他社の倍以上も急成長している理由

穂坂雅之・楽天カード社長インタビュー

週刊ダイヤモンド編集部
2016年8月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

クレジットカードの取扱高において、前年同期比20%超の成長を見せている楽天カード。業界全体の取扱高の伸びが5~8%程度に留まる中、何がその成長力の源泉となっているのか、経営トップに聞いた。(聞き手/「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木崇久)

――クレジットカードの取扱高が大きく伸び続けています。

ほさか・まさゆき
1954年7月生まれ。大東文化大学法学部卒業。1980年4月、オリックス・クレジットに入社し、2003年12月には楽天に入社。09年4月より現職。16年3月からは、楽天代表取締役副会長と金融事業担当役員を務め、楽天グループ全体のフィンテック事業を指揮する。Photo by Takahisa Suzuki

 これまでずっと、取扱高を伸ばすことに集中してきました。会員数ではなく、まずボリュームで業界トップになろうと。これが一番重要だと、社内でずっと言い続けました。

 2015年末時点でその取扱高が4.2兆円まできて、今年に入ってからも順調にきています。

 自社で発行したカードの取扱高について公表数字を見れば、クレディセゾン(4.3兆円)とはほぼ肩を並べたし、業界トップの三菱UFJニコスは5.3兆円。トップと1兆円の差にまで詰めてきました。

 さらに、楽天カードは4兆円という規模がありながら、前年同期比で2割もの成長を続けています。それも、毎年連続して拡大できている。

 これはすごいことで、他社も数字を伸ばしてくると思いますが、成長率の差を考えれば、取扱高のボリュームにおいて業界ナンバーワンというのは見えてきました。

 次は利益のボリュームで業界トップになれるかどうかが勝負のポイントかもしれません。

――その利益については、どのような状況ですか。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧