ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
格差社会の中心で友愛を叫ぶ

「明日は新宿公園か、天国か――」
“救急車も呼んでもらえない建設現場”の悲惨

西川敦子 [フリーライター]
【第1回】 2009年11月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 3K職場の代表格とされるのが介護職なら、新3K(「きつい、きりがない、帰れない」)で知られるのがIT系。皮肉なことにこの2つ、かつてはどちらも国が“雇用の受け皿”とおおいに持ち上げた産業だ。

 ところで元祖3Kとされる建設現場は、今や3Kどころか「勤務日激減」「掛け持ち仕事」「過労死寸前」という“死の3K”職場と化している。泥縄式の公共投資を止め、「コンクリートから人へ」を断行する現政権下で、何が起こっているのか。

 現場の話を聞いてみた。

生きるために
ダンピングする人々

 宵の口の電車内。座席には作業着のまま缶チューハイをあおり、柿ピーを頬張る若い男性がいる。とうに居酒屋は開店している時刻だが、飲み代を節約しているのだろうか。

 「明日は新宿公園か、天国か」

 最近、建設業界で冗談まじりに囁きかわされるというセリフがこれだ。談合なき後の業界で起こっている価格競争と、それによってもたらされる強烈なデフレスパイラル。しわ寄せをかぶるのは、言うまでもなく末端だ。どこの業界でも見られる構図だが、建設業界の場合はまさに崖っぷち。生きるためのダンピングが彼らの生活と健康を脅かしている。

 東京都の建設職人Aさんはこんな話を明かしてくれた。

 「このまえ現場で知り合いの土工が倒れたんだよ。モリちゃんっていって、女の人。年はそうだな、57、58歳ってとこかな。倒れる前『あたし、1週間に12日分働いてんのよお。すごいでしょ』って笑ってた。

 先月と先々月、ほとんど仕事がなかったせいで、生活に困っていくつか現場を掛け持ちしたんだそうだ。夜間の作業のあと昼間も働いて、ぶっ通しで仕事をする生活を続けていたんだって。そりゃあ、体を壊すのも無理はないわな。

 しかもさ、倒れた後どうなったと思う? みんなが驚いて救急車を呼ぼうとしたら、現場監督が止めたんだ。結局、会社の車で病院に行ったのよ。

 理由? そりゃあ、現場に救急車が入ったなんて知れたら大変だからね。当然、病院から警察に連絡がいくだろうし、ひょっとすると作業がストップしかねない。どういう働き方をさせたんだ、ってことになるでしょ」

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


格差社会の中心で友愛を叫ぶ

現代社会でなおも広がり続ける「格差」。この連載では、人々の生の声を拾い、悲惨で理不尽な状況に苦しむ姿などから格差の現状を伝えていく。果たして現政権が唱える「友愛」の光はここにも届くのか――

「格差社会の中心で友愛を叫ぶ」

⇒バックナンバー一覧