HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

レコーディング減・禁酒の勧め
多量飲酒とアルコール依存症

監修 樋口進(独立行政法人国立病院機構久里浜アルコール症センター副院長)

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第17回】

日本人のアルコール消費量そのものは微減傾向にあるが、それでも成人人口の約1割が依存症予備軍といわれている。もし減酒・禁酒を考えているなら、手始めに毎日の飲酒量を記載してみよう。客観的に数値化すると飲酒量を意識するため、記録をつけるだけで減酒できるケースも多い。

 「昨日の自分の飲酒量を評価してみましょう」。免停中に受講した飲酒学級でこう言われたQさん(48歳)はヒヤリとした。昨晩は飲み過ぎたので──。

 Qさんではないが、昨晩の酒の量を評価してみよう。なんのことはない。飲んだ酒を純アルコール量に換算するだけだ。計算式は、アルコール飲料の量(ミリリットル)×アルコール濃度(度数÷100)×アルコール比重(0.8)だ。

 たとえば、ビールロング缶(500ミリリットル)なら、500×0.05×0.8=20グラムとなる。純アルコール10グラムを含む飲料は「1ドリンク」に換算するので、ロング缶1本は「2ドリンク」に相当する。アルコール度数15%の日本酒2合なら、360×0.15×0.8=43.2グラムで「4.3ドリンク」だ。昨晩はロング缶2本のあとで日本酒2合をちびちび舐めていたとすると、合計「8.3ドリンク」となる。

 厚生労働省の定義では、1日平均飲酒量が6ドリンクを超えていれば多量飲酒者に分類される。ただし、この定義にはこだわらなくてもいい。飲酒量や頻度にかかわらず、飲酒が絡む問題を抱えていればアルコール依存症の前段階にあると思われるからだ。要は自分自身が「酒を減らす必要がある」と感じているか否かが鍵となる。

 もし減・禁酒を考えているなら、手始めに手帳の片隅にでも毎日のドリンク数を記載してみよう。そのうえで自分の飲酒量目標を決めるといい。客観的に数値化すると俄然、ドリンク数を意識するため、記録をつけるだけで減酒できるケースも多い。レコーディング・ダイエットならぬレコーディング減・禁酒というわけだ。アルコール依存症予備軍を対象にした専門施設の研究では、これにより多量飲酒日をほぼ半分に、ドリンク数を3割減らすことに成功している。

1 2 >>
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧